医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

専門グループ紹介 イメージ 専門グループ紹介 イメージ

HOME  /  SUBSPECIALTY 専門グループ紹介  /  血液・腫瘍

subspecialty 専門グループ紹介

血液・腫瘍

- 診療について

小児がん(白血病、固形腫瘍など)、小児血液疾患(貧血、血小板減少症、血友病など)の治療、晩期障害、ならびに患児、及びその家族の心理的サポートを含めたトータルケアを目指した診療を行っています。ターミナルケアに関しても御家族の希望にそったケアに努めています。

- 研究について

小児がんは希少疾患であり、日本全体の年間小児がん発生数をあわせても3,000例程度です。当科に入院する新規小児がん患者も年間20-30例であるため、日本小児白血病・リンパ腫研究グループ(JPLSG)、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG)、日本ユーイング肉腫研究グループ(JESS)、日本横紋筋肉腫研究グループ(JRSG)、日本ウイルムス腫瘍スタディグループ(JWiTS)、日本小児肝癌スタディグループ(JPLT)、九州・山口小児がん研究グループ(KYCCSG)に参加し臨床研究を行っています。また小児のサイコオンコロジーの研究も行っています。

- 小児がん

小児期におこる悪性腫瘍を総称して小児がんといいます。成人に発症する癌(上皮性悪性腫瘍)と異なり、非上皮性悪性腫瘍の肉腫が多く、進行は急速で、小児の死亡原因の上位を占めています。しかし、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療の効果も大きく、手術と組み合わせ、集学的治療を行うことにより治癒を目指せる疾患となっています。白血病や悪性リンパ腫でも、大人と子どもでは、その性質、治療法・治療の効果も異なり、30年ほど前までは、不治の病と考えられていた小児がんも、近年の医療の発展により、トータルで7割以上の人が治癒する疾患となりました。これは、診断、治療法、支持療法の進歩によるものです。治療に際しては、外科系(小児外科・整形外科・脳神経外科・耳鼻科など)、放射線科の先生方と、カンファランスを繰り返しながら、それぞれに適切な治療を行っています。単に病気を治すだけではなく、仲間と一緒に成長発達し、小児がんであったことがマイナスにならないようにサポートしています。
診断と治療 小児がんの診断には、病理組織診断とともに、予後因子を含めた生物学的な診断が重要です。そのため、白血病細胞や腫瘍細胞から、免疫学的検索、染色体検索、遺伝子検索などを広く行います。これらにより、長期の予後を見越した層別化を行い、患者さん一人ひとりに適した治療法を用いることが可能となります。予後が良好と思われる患児には、晩期合併症ができるだけ少ないように抗がん剤や放射線治療の内容を検討します。しかし、高リスクと考えられる患児には、当初より造血幹細胞移植(自家・同種)などを取り入れた治療を計画します。

神経科 神経科

- 小児血液疾患

貧血では鉄欠乏性貧血(IDA)、遺伝性球状赤血球症(HS)、再生不良性貧血(AA)、サラセミア、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)など、出血性疾患では免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)、血友病など、白血球の疾患では好中球減少症などの診療を行っています。
小児期の貧血は、IDAが圧倒的に多く、外来で検査、治療を行っています。ITPは乳幼児期に好発する小児の代表的な出血性疾患で、自然治癒が期待されますが、乳幼児期に発症する場合は出血症状が強い場合が多く、入院の上治療を行います。年長児に発症する場合は、慢性型に移行する率が高く、種々の内科的治療に抵抗性の場合は、脾臓摘出を行うこともあります。血友病は凝固因子が欠乏するX連鎖性劣性遺伝形式をとるため、ほとんどが男児に発症します。主な出血症状は関節内出血で、これを繰り返すと非可逆的な血友病性関節症となりQOLを損ないます。血友病の管理では関節内出血をなるべく起こさないようにし、起きたときはできるだけ早く止血を計るために凝固因子製剤を投与します。また、現在は出血をなるべく起こさないよう重症児には予防的投与を行っています。

- 小児血液・がん専門医研修

当科は小児血液・がん専門医研修施設に認定されています。小児血液腫瘍専門医養成コースでは2年間の研修期間で小児血液・腫瘍疾患の診療面での幅広い技能を獲得し、臨床研究・基礎的研究における知識の修得ができる体制を整えています。さらに、日本血液学会が認定する血液専門医も取得することができます。また、血液腫瘍学の特徴として、分子生物学や免疫学などの基礎医学の他、臨床研究としての疫学調査や心理社会的側面の研究など幅広い専門分野との連携が欠かせないため、大学での研修中に一定期間研究に従事する事も可能です。これにより、専門医資格に必要な診療実績が得られると同時に学位論文を作成することが可能となります。久留米大学小児科学教室の特徴である自由な雰囲気の中で小児血液・腫瘍の臨床及び研究に専念することができます。

神経科 神経科

- 患者支援

治療中

長期に入院を要しつらい治療を受ける病気の子ども、子どもを病気にしてしまったという罪責感を感じておられるご両親、家で取り残されたような寂しい思いをしている兄弟の、それぞれの立場を考え支援を行っています。そのために、もっとも大切なのがコミュニケーションであり、病気の子ども自身、ご兄弟にも、理解できるように、病気や治療の説明を行っています。10歳以上の子どもには、治療を始める前に、本人にも説明をすることをこころがけています。
院内には、病院学級(小学・中学)があります。勉強だけでなく、入院中だからできることを見つけながら、授業が行われています。また、午後には多くのボランティアによる教室(七宝焼き、陶芸、押し花など)も開かれています。退院して地元の学校に戻るときには、病院学級の教師と、血液・腫瘍担当医から、本人や家族の意向に添って、面談・手紙・電話などで連絡を取り合い、スムーズに学校に戻れるようにしています。また、就学前の幼児には、常勤の保育士がプレールームで保育を行っています。「木曜会」という親の会もあり、バス・ハイクや野球観戦などのレクレーションを計画してくれたり、相談の窓口になってくれたりしています。「がんの子供を守る会」の九州北支部とも密接な協力体制がとられています。子どもたちが毎日笑顔で過ごせるように、私たちも力を合わせて精一杯応援しています。

神経科 神経科

治療終了後

子どもたちは治療終了後も、病院への通院が必要で、原疾患の再発がないか、病気や治療による晩期合併症がないか、学校や社会への適応はどうか、生活習慣は…、などを含めて、長期に観察しています。また、進学や就職、結婚などに際しても、相談しやすい体制作りをしています。
平成10年7月、「スマイルデイズ」という当科で治療した小児がん経験者の会が発足しました(現在は、当科以外で治療された方もおられます)。病名を含めて告知を受けている中学生以上が対象で、定例会(悩みや近況などを語り合う:本人のみの参加)と、家族や友人・医療スタッフも参加して楽しむレクレーション(お花見、バーベキュー、プロ野球観戦、クリスマス会など)があります。平成20年1月には、韓国の親の会との交流会が実現し、大変有意義なときを過ごすことができました(日本からは、スマイルデイズ、木曜会、医療関係者が参加)。

病気が治らなくなった場合・・・ターミナルケア

残念ながら病気が治らなくなった場合でも、子どもの訴えをよく聞き、痛みをとったり、楽しいことを考えたりすることで、とても充実したときを過ごすことができるようサポートを行っています。最期の一瞬まで、子どもたちが輝いて精一杯生きられるように、私たちも一生懸命応援します。
また、「木曜会」により、子どもが亡くなった後のご両親の深い悲しみを少しでも分かち合おうと、毎年、海の日に「星まつり」という追悼の会を行っています。同じ苦しみを経験した人たちだから素直に話せて、分かり合える、貴重な温かい1日となっています。

神経科

STAFF スタッフ紹介

大園 秀一
氏名
大園 秀一
ふりがな
おおぞの しゅういち
肩書
講師
所属
久留米大学
出身大学
宮崎大学
卒業年次
1995
初期研修先
-
専門グループ
血液・腫瘍
専門
血液、腫瘍、心身症
専門医
小児科専門医、日本血液学会血液専門医、日本がん治療認定医機構認定医、日本がん治療認定医機構暫定指導医、日本小児血液・がん学会暫定指導医
ひとこと
こどもたちと家族の笑顔のために

RESERVED 診療時間と予約

午前 午後
- -
- -
- -
△:長期フォローアップ外来
予約方法
-
他院での専門外来
-

12 GROUP 12グループ

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.