医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

専門グループ紹介 イメージ 専門グループ紹介 イメージ

HOME  /  SUBSPECIALTY 専門グループ紹介  /  消化器

subspecialty 専門グループ紹介

消化器

小児の消化器肝臓病を専門に診療している、全国でも珍しい専門グループです。この分野を専門とする小児科医は非常に少ないため、福岡県内だけでなく、九州全域から患者さんを紹介頂いております。久留米大学小児科は、小児消化器肝臓分野のcommonからrareな疾患まで、幅広く経験できる日本でも数少ない施設ですので、若手医師の参加をお待ちしています。

アレルギー アレルギー

1.診療

当グループが診療している疾患と患者数、実施している専門検査は以下の通りです。
外来のべ患者数:約1000名(新患約100名)/年
【消化管疾患】
消化管:炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病):35-45例(新患10-15例)/年
難治性下痢症:10-15例/年
慢性便秘症:50-60例/年
過敏性腸症候群:10-15例/年
胃十二指腸潰瘍:2-3例/年
Henoch-Schonlein紫斑病(に伴う腹痛):2-3例/年
その他、ポリープ(主に大腸)、蛋白漏出性胃腸症、消化管出血、胃食道逆流症、食道静脈瘤、食道狭窄症など

【肝・胆・膵疾患】
急性・慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など):50-60例(新患5-10例)/年
代謝性疾患による肝障害(ウイルソン病、シトリン欠損症など):20例(新患3-5例)/年
脂肪肝:3-5例/年
胆汁酸代謝異常症および原因不明の胆汁うっ滞性疾患:3-5例/年
胆道閉鎖症、先天性胆管拡張症(膵胆管合流異常症)など胆道構造異常:1-3例/年
その他、遷延性黄疸、体質性黄疸、胆石症など
急性・慢性膵炎:3-5例/年

【専門検査】
腹部超音波:200-250例/年
消化管造影:30-40例/年
上部消化管内視鏡:30-40例/年
下部消化管内視鏡:30-40例/件
小腸カプセル内視鏡:5-10例/年
肝生検:2-5例/年

2.研究

胆汁うっ滞症、遺伝性肝疾患、炎症性腸疾患、先天性下痢症の研究を中心に行っております。久留米大学だけでなく、国内及び国外に共同研究施設が多数あり、グローバルな研究体制を整えています。研究成果は、専門分野の国内・国際学会で発表し、医学英文誌での論文も毎年多く掲載(4-7編/年)されています。当グループの研究は対外的にも高い評価を得ており、競争的資金(文科省科研費2010-12年、2015年-など)の獲得や、多くの学会賞(日本小児栄養消化器肝臓学会優秀演題賞2009, 2013年、日本小児肝臓研究会最優秀演題賞2008, 2011年、日本小児肝臓研究会最優秀論文賞2012年、世界小児消化器学会 Young Investigator Award 2012年)を受賞しております。現チーフは米国シンシナティ小児病院で肝臓病の基礎研究を学んで帰国し、現在はグループの若手2人が久留米大学の免疫学講座、医化学講座で研究に取り組むなど、基礎と臨床を繋ぐTranslational Researchを展開しております。

3.教育

当グループでは、幅広い小児消化器肝臓病が診療経験できるだけでなく、腹部超音波、消化管造影、消化管内視鏡、肝生検などを自分達で行っていますので、それら専門の技術を習得できます。また毎月1回、病理部と合同で小児肝病理カンファランスを行い、全国からの小児肝病理コンサルテーションスライドを見ながら病理診断の経験もできます。最近では、他大学小児科の先生方も小児肝病理カンファランスに参加頂いておりますので、興味がある先生はご連絡下さい。豊富な診療と研究実績がある当グループには、他大学小児科からの研修希望者もいらっしゃるため、この5年間に2名の国内留学者を受け入れ、小児消化器肝臓病を専門とする小児科医の育成に力を入れております。小児消化器肝臓病の診療や研究に興味がある先生は、ぜひご連絡下さい。

STAFF スタッフ紹介

みずおち たつき
氏名
水落 建輝
ふりがな
みずおち たつき
肩書
助教
所属
久留米大学
出身大学
長崎大学
卒業年次
2000
初期研修先
-
専門グループ
消化器
専門
胆汁うっ滞、代謝性・遺伝性肝疾患、炎症性腸疾患
専門医
小児科専門医、小児栄養消化器肝臓認定医
ひとこと
全国でも珍しい、小児消化器肝臓病の診療と研究を専門に行っております。臨床、研究、教育をバランスよくできるように頑張ります。

RESERVED 診療時間と予約

午前 午後
- -
- -
内視鏡など
- -
内視鏡など
予約方法
0942−31−7565、予約担当:中原
他院での専門外来
大牟田市立病院 小児科 第2金曜 午後

12 GROUP 12グループ

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.