医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

専門グループ紹介 イメージ 専門グループ紹介 イメージ

HOME  /  SUBSPECIALTY 専門グループ紹介  /  呼吸器・アレルギー

subspecialty 専門グループ紹介

呼吸器・アレルギー

アレルギー疾患の小児は年々増えています。最近は、食物アレルギーの児童が安心安全に学校生活を送られるよう、保護者、学校教諭と私たち小児科医が連携をとる機会が増えています。子どもたちが笑顔で過ごす姿を見ることが私たちの一番のやりがいです。

アレルギー アレルギー

主に対応している疾患の診断と治療

- 食物アレルギー

乳児の5%は食物アレルギーと言われています。血液検査や皮膚テストとあわせて、原則として食物負荷試験による診断を行っています。また、平成13年より、厚生労働省の食物負荷試験ネットワーク施設に参加しており、正確な食物アレルギーの診断に寄与しています。
食物アレルギーは、正しい診断に基づいて最小限除去食対応をする事が大切です。また、アナフィラキシーを起こす可能性がある場合は、アドレナリン自己注射剤の導入をふくめて、児童が安心安全に生活を送れるよう環境整備を行います。
除去食対応が長く必要となりそうな場合に、少しずつ食べながら解除を勧められる治療(経口免疫療法)も行っております。

- 食物依存運動誘発アナフィラキシー

この疾患は、原因となる食物を食べただけでは症状は認められませんが、摂食後に運動をすることで、全身のじんましんや、呼吸困難を認める、食物アレルギーのうち特殊なタイプのアレルギーです。学童期以降に発症をすることが多いこと、症状がとても重篤であることが特徴です。安全な学校生活を送るためには原因食物の除去と症状が出現したときの対応の準備が必要です。入院をして、原因と思われる食物と運動を負荷する検査により確定診断します。

- アトピー性皮膚炎

治療には、原因の除去と皮膚の炎症を抑える外用療法とスキンケアをバランスよく行うことが大切です。症状のコントロールが難しい場合は、皮膚本来のバリア機能を整えるうえで重要なスキンケアの習得のために、短期間入院して頂き入浴法や外用法の指導を行います。
また、乳児のアトピー性皮膚炎に多く合併する、食物アレルギーもあわせて対応します。

- 気管支喘息

小児気管支喘息治療・管理ガイドラインの普及により、最近20年のうちに小児喘息の治療はとても向上しました。関連病院と連携して、久留米市内の喘息児童が適切な診断と治療を受けられるような啓蒙活動を行っています。
また、乳児期は喘息の鑑別診断が難しく、中には生まれつきの気道の奇形やまれな疾患である場合もあります。当科では、喘鳴症状が長引いたり体重の増加不良も伴う場合に気管支内視鏡をして鑑別診断を行うことができます。

食物負荷試験

食物負荷試験
年度 2010 2011 2012 2013 2014
人数 81 100 124 152 132

気管支内視鏡

気管支内視鏡
年度 2010 2011 2012 2013 2014
人数 33 40 31 42 20

STAFF スタッフ紹介

おかまつ ゆき
氏名
岡松 由記
ふりがな
おかまつ ゆき
肩書
助教
所属
久留米大学
出身大学
福岡大学
卒業年次
2000
初期研修先
-
専門グループ
アレルギー
専門
アレルギー、呼吸器
専門医
小児科専門医、日本アレルギー学会専門医
ひとこと
患者を通して、その家族・地域、多くの人とコミュニケーションを取りながら診療することにやりがいを感じています。医局員が多く、相談した内容に応えてくれる人が必ずいるので、安心して仕事ができます。私達の専門外来には、育児をしながら勤務する女性医師が4名います。とても華やかで和やかな外来です。

RESERVED 診療時間と予約

午前 午後
- -
-
- -
-
- -
予約方法
0942−31−7565、予約担当:中原
他院での専門外来
-

12 GROUP 12グループ

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.