医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-02-22

ジュニアレジデント久保雄太郎先生に聞きました!

1.なぜ小児科医になったのですか?

子供が好きで子供に携わる仕事をしたかったからです。

 

2.出身大学はどこですか?

福岡大学です。

 

3.学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

同じ私立大学として親近感を感じていました。

 

4.なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

専門グループが多岐に渡っており、相談しやすい環境が整っていると感じたからです。

 

5.久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

サポート体制がしっかりしており、楽しく勉強できています。

READ MORE

2019-02-19

ジュニアレジデント石本隆浩先生に聞きました!

 

1.なぜ小児科医になったのですか?

子供が好きなのこともありますが、子供の病気を治したい、治療の助けになりたいという気持ちからです。

 

2.出身大学はどこですか?

久留米大学です。

 

3.学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

母校でもありますが、自分の地元、筑後地区の医療圏を担う大事な医療機関と考えていました。

 

4.なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

様々な専門分野の指導体制が確立されていることが一番の決め手です。

 

5.久留米大学小児科での後期研修はどうですか? 

忙しい面もありますが、しっかり指導していただき本当にありがたいです。

しっかり自分の糧にできるよう今後も頑張ります。

READ MORE

2019-02-15

ジュニアレジデント東陽三先生に聞きました!

ジュニアレジデント東陽三先生に聞きました!

1.なぜ小児科医になったのですか?

無限にある子供の未来を救いたいと考えたからです。

 

2.出身大学はどこですか?

久留米大学です。

 

3.学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

楽しくワイワイした雰囲気で、ここで働いてみたいと思っていました。

 

4.なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

専門グループが多く、数多い症例数を経験することができると考えたからです。

 

5.久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

積極性があれば、どこまでも深く挑戦ができ、周りのサポートも厚く、

自分の今後の将来の選択の幅を増やすことができると感じています。

READ MORE

2019-02-12

第30回日本Pediatric Interventional Cardiology学会に参加しました。

第30回日本Pediatric Interventional Cardiology学会に参加しました。

昨年 須田憲治教授が主催し、福岡国際会議場で行った学会です。

家村先生、籠手田先生、吉本先生、高瀬先生、鍵山先生、前田先生、桑原先生も参加し、

シンポジウムや会長要望演題など8演題を発表しました。

シンポジウムでは、前田先生がこれまで見たことも無い緊張した表情をして、

張って発表・質疑応答を立派に行いました。

また、昨年我々が始めたJPICアンジオクイズも行われ、全国の施設が参加する中、

久留米大学 籠手田先生・鍵山先生と北海道こども医療センターの名和先生(以前聖マリア病院で研修)

の混成チームは全問正解。最後はじゃんけんで第2位になりました。

なお、米国では未熟児PDAのカテーテル治療用の器具が承認され、

いよいよ本格的なカテーテル治療の時代に入りそうです。

READ MORE

2019-02-08

第19回筑後IBDカンファランスが開催されました。

第19回筑後IBDカンファランスが開催されました。

特別講演:水落建輝 講師

『小児IBD診療のピットフォール』

日本で最も患者数の多い指定難病であるIBD(炎症性腸疾患)に関して、

筑後地域の消化器内科医、消化器外科医、小児科医、免疫学研究者が集まり

ディスカッションしました。

READ MORE

2019-02-05

Natureに日本の難病研究者の一人として、記事が載りました。

Natureに日本の難病研究者の一人として、古賀靖敏教授の記事が載りました。

Nan-ByouというAMEDがスポンサーになったNatureの記事です。

難病研究者として、非常に光栄です。

https://www.nanbyo-research.jp/ 

READ MORE

2019-02-01

8th vietnam congress of congenital and structural heart diseaseに参加してきました。

ベトナムの有名な避寒地であるダナンで開催された

8th vietnam congress of congenital and structural heart diseaseに

須田憲治教授、籠手田雄介助教、聖マリア病院 鍵山慶之先生の3人で参加してきました。

今回は、先天性心疾患に対するカテーテル治療の合併症がテーマで、

色々なカテーテル治療の際にどんな合併症が有り、いかに対処するかが熱く討議されました。

須田憲治教授は心房中隔欠損症カテーテル治療後の不整脈について口演をしました。

日本は冬ですが、ダナンは昼30度を超える暑さでした。

但し、学会場は冷房が強烈で、結局かなり寒くて厚手のスーツを着込んで参加しました。

大変勉強になる学会でした。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場:日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔2月1日(金)〕 配信なし
    福岡小児科地方会 予演会(感染症G,消化器G、内分泌Gより1題ずつ)
    (進行:籠手田 雄介)
  • 〔2月8日(金)〕★配信あり
    「外来でみるOD:Orthostatic Dysregulation診療」 
    石井 隆大先生(神経・心身症G)
    キーワード:ガイドライン活用 OD 心身症
    (進行:籠手田 雄介)
  • 〔2月15日(金)〕★配信あり
    「がんゲノム医療における遺伝カウンセリング体制について」
    沼田 早苗先生(聖マリアンナ医科大学病院 遺伝診療部 認定医遺伝カウンセラー)
    キーワード: 遺伝カウンセリング、認定遺伝カウンセラー、ゲノム医療
    (進行:渡邊 順子先生)
  • 〔2月22日(金)〕★配信あり
    「小児慢性疾患患者の移行医療を考える」
    石崎 優子先生(関西医科大学小児科学講座 関西医科大学総合医療センター 小児科教授)
    キーワード:小児慢性疾患、移行、自立支援
    (進行:永光 信一郎先生)
  • 〔3月1日(金)〕配信未確認
    「診て考える臨床研究」
    早坂 清先生(山形大学小児科名誉教授)
    キーワード:未確認
    (進行:渡邊 順子先生)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.