医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  八ツ賀秀一助教の論文がアクセプト

NEWS 新着情報

2016-01-18

八ツ賀秀一助教の論文がアクセプト

 

八ツ賀秀一助教の論文、「Growth differentiation factor 15 as a useful biomarker for mitochondrial disorders」がAnnals of Neurology(IF=9.977)に掲載されました。

ミトコンドリア病のバイオマーカーは、2011年にSuomalainenらによってFGF21が新規で見つけました。今回の我々が見つけたGDF15は、感度・特異度が90%以上の大変すぐれたバイオマーカーです。ミトコンドリア病の新しい診断ツールとしてだけでなく、重症度判定にも使用できる可能性が示唆されております。
いくつかの課題もあり、今後の研究でそれらを明らかにしていきたいと考えています。

READ MORE

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.