医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  第18回日本小児IBD研究会

NEWS 新着情報

2018-02-14

第18回日本小児IBD研究会

2月4日、東京で第18回日本小児IBD研究会が開催されました。

 

◇座長

 水落建輝講師

 

◇口演

 石原潤助教、清松光貴先生(ジュニアレジデント)

 

IBDとは炎症性腸疾患の略で、潰瘍性大腸炎とクローン病の事です。近年、IBDは本邦でも劇的に増加しており、最も多い指定難病になります。小児期発症のIBDも増加しており、当院は九州で最も多くの小児IBD症例をみている施設になります。

久留米大学小児科消化器グループは、本研究会で幹事や治療指針作成班など中心的な役割を担い、小児IBDの診療と研究に取り組んでおります。

READ MORE

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.