医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  神経グループ 八戸由佳子先生に聞きました。

NEWS 新着情報

2019-06-21

神経グループ 八戸由佳子先生に聞きました。

1. 専門グループは何ですか?

神経グループです。

 

2. そのグループに入ったきっかけは?

詳細な問診と丁寧な診察から、病態や病巣,、診断を導き出すプロセスに魅力を感じました。

患者さんたちとの関わりが多い点も魅力の一つです。

 

3. どのようなお仕事をしていますか?(外来+病棟)

基本的には入院での未診断疾患の精査や定期検査を担当しますが、週に2回神経外来も担当しています。

また、小児科学会や小児神経学会、神経地方会などで発表したり、論文執筆や臨床研究なども行っています。

 

4. どんな疾患を診ていますか?

てんかん、West症候群、けいれん重積状態や脳炎脳症など救急疾患、脊髄性筋萎縮症、神経筋疾患、末梢神経障害、神経変性疾患、代謝性疾患、脱髄性疾患、脳血管障害、頭部外傷・脳腫瘍術後後遺症、重症心身障害児の日常管理と急性増悪時、知的発達障害や運動発達遅滞、Rett症候群、神経発達症(発達障害)などです。

 

5. 久留米大学小児科のアピールポイント何ですか?

人がたくさんいるところです。各グループの専門の先生にいつでもご相談できることや、悩んだ時にいろんな人に相談できます。また、それぞれの立場やモチベーションに合わせた働き方が出来る医局だと思います。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 2月3日(金)★配信あり
    演題:「NICUでのMRIと発達予後予測(早産児と新生児脳症)」
    演者:神奈川県立こども医療センター 新生児科医長 柴崎 淳 先生
    キーワード:MRI、MRS、発達予後
    (進行:木下 正啓)
  • 2月10日(金)
    休会
  • 2月17日(金)★配信あり
    演題:「吸入療法の世界ー小児集中治療医学座談ー」
    演者:聖マリアンナ医科大学小児科学教室 特任教授 川口 敦 先生
    キーワード:小児集中管理、吸入療法、海外医療
    (進行:寺町 陽三)
  • 2月24日(金)★配信あり
    演題:「がん治療と妊孕性温存」
    演者:久留米大学産科婦人科学教室 主任教授 牛嶋 公生 先生
    キーワード:AYA世代、がん化学療法、卵巣機能
    (進行:山下 裕史朗)
  • Grand Rounds オンライン配信
    現在はカンファランス室でのGR開催に加え、Zoomによるオンライン配信を行っています。個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、参加の招待メールを返信させていただきます。
    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにお願いしております。参加の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控えください。
    また参加される場合は名前の入力講演前後のビデオ・オンをお願いいたします。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.