医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2014-07-20

新しいステント治療説明会

7月3〜5日に行われた、第50回日本小児循環器学会総会・学術集会での一コマ。

新しいCPステント治療の講習会に参加する須田准教授・・・朝7時からと早いです・・・。ジョンズホプキンス大学の先生がレクチャーしています。

よりよい医療のために頑張ってます!!

READ MORE

2014-07-19

日本睡眠学会第39回定期学術集会

 

7月3〜4日、徳島市で日本睡眠学会第39回定期学術集会が行われました。

 

座長

松石豊次郎教授

 

シンポジウム:「小児の睡眠医療」

松石豊次郎教授

「新生児~学童期の睡眠は発達障害の指標になるか?」

READ MORE

2014-07-18

本日は第10回久留米小児感染症研究会

7月18日、第10回久留米小児感染症研究会が、19時00分よりホテルマリターレ創世2階「春秋の間」で開催されます。

 

代表世話人

大津寧講師(久留米大学医療センター)

 

座長

大部敬三先生(聖マリア病院)、村上義比古先生(大牟田市立病院)、岩元二郎先生(飯塚病院)

 

口演

後藤憲志助教

「過去5年間における肺外結核感染症症例の検討」

財津亜友子助教(久留米大学医療センター)

「8年間の尿路感染症起炎菌の推移とESBLの関係」

向井純平先生(聖マリア病院)

「2014年に当科で経験した侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal disease)の4例」

石原潤先生(飯塚病院)

「リスク因子のない小児における感染性心内膜炎の1例」

READ MORE

2014-07-17

スプリング・セミナー

6月27〜29日、大阪市にてスプリング・セミナーが開催されました。若手から中堅を中心に全国21名の小児内分泌科医が集まりました。全員がそれぞれ症例、臨床研究課題を持ち寄り討論、そしてエキスパートによる講義など、大変濃厚なセミナーでした。2夜連続の懇親会では、他大学の先生方とも交流することができました。

 

ポスター

八ツ賀秀一助教

「様々な合併症と著明な低身長を呈したSGA性低身長」

READ MORE

2014-07-16

Giessen大学、Wurzburg大学を訪問

6月25〜28日に学会でドイツ・フランクフルトに滞在していた須田憲治准教授と吉本裕良助教。

 

Giessen大学のGerman Center for Fetal Surgery and Minimally Invasive Treatmentを訪問。須田憲治准教授と20年来の友人であるThomas Kohl教授と会うことができました(写真左)。23週胎児の髄膜瘤の、胎児鏡による修復術を実際に見学してきました。現在までに80症例以上の修復術を行っているとのことです。実際にその現場を見れた吉本裕良助教、持つべきものは幅広いネットワークを持つ上司ですね!

 

医学に熱い須田憲治准教授と吉本裕良助教は、さらにWurzburg大学を訪問。Wilhelm Conrad Röntgen教授が1895年にレントゲン線を発見した部屋を見に行ってきました(写真右)。ちゃんと保存されていて、日本語の音声ガイドも流れますし、最初に発表したという講義室も見学でき、大変感銘を受けて帰国されました。

Wilhelm Conrad Röntgen教授は、ノーベル物理学賞第1回受賞者で、Wurzburg大学は1402年創立でシーボルトの母校ということです。

READ MORE

2014-07-15

CSI & iCi 2014

6月25〜28日、ドイツ・フランクフルトにて、congenital & structual intervations (CSI)congressとimaging in cardiovascular intervations (iCi)2014が開催されました。

カテーテルインターベンションの最新知見だけでなく、ライブ映像で世界最先端のカテーテル治療を見ることができる、とてもアトラクティブな学会でした

吉本裕良助教は、最先端カテーテル治療見て、とてもよい刺激をうけ、これからの診療にますます磨きがかかると思われます。興奮冷めやらぬ中、二人でリンゴ酒を飲んで来ました。(写真右)

 

ポスター

須田憲治准教授

「Electrocardiographic Change After Transcatheter Occlusion of Patent Arterial Duct」

READ MORE

2014-07-14

本日の臨時・小児科Grand Rounds

国際医療福祉大学熱海病院上席副院長、医療局長、国際医療福祉大学教授の横田俊平先生が、「炎症からみた小児疾患」について講演されます。

横田俊平先生は、免疫の分野では世界の第一人者の先生です。

 

小児科病棟カンファレンスルームで18時より開始致します。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 9月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔9月6日(金)〕★配信あり
    演題:新生児低酸素性虚血性脳症の克服へ(バイオマーカーの発見から臨床応用へ)
    演者:伊藤 雅之先生 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部・室長
    キーワード:新生児低酸素性虚血性脳症、LOX-1、重症度分類、低体温療法
    (進行:山下 裕史朗)
  • 〔9月13日(金)〕★配信あり
    演題:「小児急性脳症に対する脳保護療法」
    演者:河野 剛先生 聖マリア病院小児科
    (進行:弓削 康太郎)
  • 〔9月 20日(金)〕★配信あり
    演題:「新しい時代の血友病治療と課題~血友病は男性だけの疾患ではありません」
    演者:松尾 陽子先生 久留米大学小児科
    キーワード:個別化治療、周産期管理、血友病保因者
    (進行:中川 慎一郎)
  • 〔9月27日(金)〕★配信あり
    演題:「19歳で人工肛門、偏差値30だった僕が医師になって考えたこと」
    演者:石井 洋介先生 医療法人社団ユニメディコ山手台クリニック院長 日本うんこ学会会長
    キーワード:潰瘍性大腸炎、行動変容、コミュニケーションデザイン
    (進行:石原 潤)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.