医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-05-13

第118回日本小児科学会学術集会

4月17ー19日、大阪市にて第118回日本小児科学会学術集会が開催されました。

 

座長

古賀靖敏教授:先天代謝異常I

牛島高介准教授:消化器5

 

Educational Lecture 23

永光信一郎准教授

「思春期の心身医学:面接と治療のすすめかた」

 

ASPR/JPS合同ポスター(English)

古賀靖敏教授

「ミトコンドリア病に伴う高乳酸血症に対するピルビン酸ナトリウム治療(Sodium puruvate (SP) therapy for lactic acidosis)」

水落建輝助教

「IL-1 signaling regulates bile duct and liver injury in biliary atresia

竹内孝仁助教(免疫学講座)

「過去2 年間に異物誤飲で上部消化管内視鏡検査を施行した10 例の検討(Endoscopy for pediatric foreign body ingestion:a single_ center experience)」

 

口演

須田憲治准教授

「無症状の心房中隔欠損の診断における学校心臓検診の意義」

渡邊順子准教授

「軽症型プロピオン酸血症7 例の検討」

永光信一郎准教授

「子どもの心身症アウトカム評価スケール(QTA30)の標準化研究

吉本裕良助教

「川崎病後遠隔期に冠攣縮性狭心症をきたした1 例

江田慶輔助教

「発症前型Wilson 病年少児例に対する亜鉛単独療法の長期的な有効性・安全性の検討

 

ポスター

浦部大策先生(聖マリア病院)

「地域流行疾患を知る事の重要性

岡松由記助教

「長崎県壱岐市における平成26 年度食物アレルギー児童の実態調査報告

栁忠宏先生(飯塚病院)

「難治性潰瘍性大腸炎の小児例に対するインフリキシマブの有効性と安全性の検討

岸本慎太郎助教

「心臓腫瘍合併頻拍性不整脈に対し電気生理検査・アブレーションを施行した1例

田中祥一朗先生(聖マリア病院)

「当院NICU における新生児・乳児消化管アレルギー症例の検討」

田中悠平助教

「上気道由来A 群レンサ球菌のトスフロキサシン薬剤感受性について」

西村美穂助教

「急性リンパ性白血病に対する維持療法中に併発した多発性伝染性軟属腫の一例

弓削康太郎助教

「HANS 症候群の2 例―睡眠障害を中心に―

横地賢興先生(聖マリア病院)

「熱性けいれん重積とけいれん重積型二相性脳症の急性期における臨床像の比較」

石本和久先生(聖マリア病院)

「公立八女総合病院におけるロタウイルス感染症の推移

七種朋子先生(聖マリア病院)

「Rett 症候群に併存するてんかんの特徴

佐々木孝子助教

「小児低身長に関する保健師,看護師,学校教諭の意識調査

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「皮膚線条を主訴に来院した思春期小児の2 症例

鍵山慶之先生(聖マリア病院)

「Fontan 手術後13 年目に初めて蛋白尿を呈し、腎生検で管内増殖性の変化を認めた1 例

多々良一彰先生(聖マリア病院)

「久留米大学小児科における感染症の確定診断のための実験室的診断検査の実情」

石原潤先生(大分こども病院)

「VP shunt 先端の位置異常が難治性胸水の原因であったDandy-Walker 症候群の1 例

酒井さやか先生(飯塚病院)

「川崎病二次治療としてのγ グロブリン再投与とステロイドパルスの併用療法の検討

三宅淳先生(聖マリア病院)

「動悸を契機に発見し,AED レンタルで外来管理中の拘束型心筋症の12 歳女児例

READ MORE

2015-05-11

山下裕史朗教授が責任著者の論文がアクセプト

 

山下裕史朗教授が責任著者の論文「Developmental trajectories for attention and working memory in healthy Japanese school-aged children」が、Brain & Development(IF=1.542)にアクセプトされました。

 

共同研究者である福岡県立大学看護学部の江上千代美准教授が、小学校1~6年生の実行機能の発達を、PCを用いた5課題のバッテリーで評価した研究です。検査時間は10分、今後ADHDやASD(自閉症スペクトラム症)をもつ小児との比較検討データも公表する予定です。

READ MORE

2015-05-08

水落建輝助教が筆頭著者の論文がアクセプト

 

水落建輝助教が筆頭著者の論文「Successful diuretics treatment of protein-losing enteropathy in Noonan syndrome」が、Pediatrics International(IF=0.731)に掲載されました。

 

近年、Fontan術などの先天性心疾患手術の進歩に伴い、術後晩期合併症として難治性蛋白漏出性胃腸症(PLE)が問題となっている。Fontan術後の難治性PLEに対し、利尿剤大量投与の有効性が報告されている。著者らは難治性PLEを合併した、先天性心疾患術後(非Fontan術)のNoonan症候群の1例に対し、通常量での利尿剤の有効性を初めて報告しました。

READ MORE

2015-05-04

HPを更新しました

教授挨拶ページで、松石豊次郎主任教授挨拶を変更しました。

 

医局員紹介ページで、下記の医局員のプロフィールを変更、訂正、加筆しました。

岡松由記、木下正啓、中西未来、倉田悟子、白濱裕子

 

ママ小児科医支援制度ページで、2015年度のブラッシュアップセミナー案内をダウンロードできるようになりました。

READ MORE

2015-05-01

5月のInformation

5月小児科Grand Rounds

1日(金)「東京都立小児医療センターPICU留学報告」

演者:鴻池善彦助教

キーワード:closed ICU、集中治療、麻酔

 

8日(金)「1型DM up-to-date」

演者:八ツ賀秀一助教、佐々木孝子助教

キーワード:1型糖尿病、インスリン強化療法、CGM、CSII

 

15日(金)「新生児低酸素性脳症に対する脳保護療法−トランスレーショナルリサーチ」

演者:河野剛助教

キーワード:Remote Ischemic Postconditioning、アルゴン、デクスメデトミジン、メラトニン

 

22日(金)「小児の受動喫煙予防の取り組み」

演者:牟田広実先生(飯塚市立病院小児科部長)

キーワード:Third-hand smoke、禁煙支援、喫煙防止教育

〜筑後小児科医会との共催です〜

 

29日(金)「研修医のための学会発表・論文執筆のいろは」

演者:須田憲治准教授

キーワード:KISS、key term、起承転結

 

医局だより

5月23日(土)、久留米翠香園ホテルにて、久留米大学小児科医局同門会が開催されます。

 

今後の学会・研究会

5月8日 第56回日本神経学会(新潟)

5月14−16日 2015 AOCCN(台湾、台北)

5月20〜23日 49th annual meeting of the Association of European Paediatric Congenital Cardiology(チェコ、プラハ)

5月28−30日 第57回日本小児神経学会(大阪)

5月29−30日 2015 annuam symposium, Korean Child Neurology Society(韓国、清州)

5月30日 第14回九州川崎病研究会(福岡)

6月4−6日 第16回モスクワ先天代謝異常学会(ロシア、モスクワ)

6月6日 九州山口小児血液・腫瘍研究会(久留米)

6月12−13日 第29回日本小児救急医学会学術集会(大宮)

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 12月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [12月 3日(火)]★配信あり
    演者:清水 直樹先生 聖マリアンナ医科大学小児科学教室
    (進行:山下 裕史朗)
  • [12月6日(金)]★配信なし
    第507回日本小児科学会福岡地方会予演会
    (進行:西小森 隆太)
  • [12月9日(月)]★配信あり
    演題:「胎児心疾患のカテーテル治療、胎児Ebstein奇形におけるcircular shuntの胎児治療、心臓横紋筋肉腫の胎児治療」
    演者:Edgar Jeggi, MD, FRCPC トロント大学小児科学教室教授、トロント小児病院胎児心臓プログラムヘッド
    キーワード:胎児心臓カテーテル治療、胎児Ebstein病、結節性硬化症、胎児心臓腫瘍
    (進行:前野 泰樹)
  • [12月 13日(金)]
    小児科忘年会
  • [12月20日(金)]★配信あり
    演題:「臨床に役立つ神経・筋エコー」
    演者:高松 直子先生 徳島大学病院 神経内科 臨床検査技師
    キーワード:末梢神経障害、筋障害、運動ニューロン疾患
    (進行:弓削 康太郎)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.