医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-02-12

大園秀一先生がJJCO Paper of the Yearを受賞しました

 

大園秀一先生(ブリティッシュコロンビア大学)が、第57回日本小児血液がん学会において、「General Health Status and Late Effects Among Adolescent and Young Adult Survivors of Childhood Cancer in Japan」の論文で、JJCO Paper of the Yearを受賞しました。

READ MORE

2016-02-10

第57回日本小児血液・がん学会

 

11月26〜27日、甲府市で第57回日本小児血液・がん学会が開催されました。

 

ポスター

満尾美穂助教

「Dasatinib併用化学療法中に下部消化管出血を繰り返したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の男児」

伊藤早織助教

「22q11.2欠失症候群に合併した肝芽腫の1例」

酒井さやか先生(飯塚病院)

「急性リンパ性白血病の早期寛解導入療法中に肝中心静脈塞栓症を発症した5歳女児

 

羽田を経由し、甲府まで長い道のりでしたが、天気にも恵まれ有意義な学会期間を過ごしました。間近で見る富士山も大変きれいで感動しました!

READ MORE

2016-02-08

第37回日本小児腎不全学会

11月26〜27日、加賀市で第37回日本小児腎不全学会が開催されました。

 

座長

田中征治助教:急性腎不全(3)

READ MORE

2016-02-05

第49回日本小児内分泌学会

10月8〜10日、東京で第49回日本小児内分泌学会が開催されました。

 

座長

八ツ賀秀一助教:性分化疾患・思春期異常

 

ポスター

八ツ賀秀一助教

「高度肥満から虐待を疑う2例」

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「選択的静脈洞血サンプリングでクッシング病と診断した5歳男児例」

坂本浩子先生(大牟田市立病院)

「新生児期に内分泌負荷試験を行ったSepto Optic Dysplasiaの一例」

 

小児の内分泌学は、遺伝学と密接に関わっており、日進月歩の遺伝子異常による内分泌疾患が今年も多数報告されてました。今大会は、日本発の病名として、Kagami-Ogata症候群についての発表がありました。最終優秀演題賞では、副腎低形成症を伴う新しい疾患群、MIRAGE症候群の提唱もあり、世界へ発信できる学会であると考えます。

READ MORE

2016-02-03

HPを更新しました

医局員紹介ページで、下記のプロフィールを更新しました。

 

田中ゆかり、荒木潤一郎、石原潤、桑原浩徳、前田靖人、多々良一彰、進藤亮太、坂口廣高。
 

READ MORE

2016-02-01

2月のInformation

2月小児科Grand Rounds5日(金) 「第488回日本小児科学会福岡地方会例会 予演会」松石登志哉先生(北九州市立八幡病院小児科)「抗菌薬ロック療法が奏功したKlebsiella oxytocaによるカテーテル関連感染症」

松永遼先生(北九州市立八幡病院小児科)

「2015年秋期に地域散発性に発生したYersinia enterocolitica腸炎の臨床像」

中嶋大介先生(久留米大学小児科後期研修医)「精神症状を呈し、統合失調症と鑑別を要した自閉スペクトラム症」

加藤健先生(久留米大学小児科後期研修医)「サイトメガロウイルス感染を合併した難治性潰瘍性大腸炎の13歳男児」

 

12日(金) 「思春期医学の現状と展望〜小児科医の役割〜」 *19:00開始 筑後小児科医会にて演者:永光信一郎准教授(久留米大学小児科)

19日(金) 「男女共同参画時代の小児科」演者:小川厚先生(福岡大学筑紫病院小児科教授)キーワード:ワークライフバランス、知識労働者、地域小児科センター登録事業

22日(月) 「Recent Advances in Medical Genetic Testing after completion of Human Genome Project」 

演者:矢野正二先生(Director of Genetics Division Department of Pediatrics and Medicine, Assosiate Professor of Clinical Pediatrics and Medicine LAC+USC Medical Center, Univeristy of South Calfornia)

キーワード:SNP microarray、Next Generation Sequencing、Non-invasive Prenatal Testing

 

26日(金) 「Sleeping Beutyトランスポゾンを用いたマウス肝発癌モデル〜シグナル伝達経路の相互作用の肝腫瘍形質への影響の解析〜」

演者:山本雅大先生(旭川医科大学病理学講座助教)

 

今後の学会・研究会

2/6 第12回日本小児消化管感染症研究会(東京)
2/7 第12回日本小児IBD研究会(東京)

2/7 第8回福岡県医学会総会(福岡)

2/12-14 第43回日本集中治療学会(神戸)

2/13 第488回日本小児科学会福岡地方会例会(福岡)

2/19-22 第22回日本胎児心臓病学会(東京)

2/20-21 第7回日本ADHD学会(筑波)

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • 7月5日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「頻度の高い先天性心疾患の血行動態」
    演者:久留米大学小児科循環器G 清松 光貴先生
    キーワード:シャント,心不全,チアノーゼ
    演題:「先天性心疾患の術後管理」
    演者:久留米大学小児科循環器G 山川 祐輝先生
    キーワード:人工心肺,術後集中治療,姑息手術
    (進行:鍵山/島田)
  • 7月12日(金) 日本小児循環器学会学術集会のため休会
  • 7月19日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「それでも小児科専門医になる君を応援する」
    演者:久留米大学小児科 専門医支援委員会委員長 大園 秀一先生
    キーワード:小児科専門医,日本専門医機構,プログラム制
    (進行:鍵山/島田)
  • 7月26日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「初心者のための臨床研究と英語論文の進め方〜症例報告から原著論文まで〜」
    演者:久留米大学小児科 主任教授 水落 建輝先生
    キーワード:研究デザイン,英文誌とIF,英文校正
    (進行:鍵山/島田)

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    鍵山 慶之
    kagiyama_yoshiyuki@kurume-u.ac.jp
    島田 翔
    shimada_shou@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.