医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2014-11-28

第46回日本小児感染症学会

10月18〜19日、東京で第46回日本小児感染症学会が開催されました。

 

後藤憲志助教

「無莢膜型インフルエンザ菌産生Biofilmに対するL-tryptophanの効果」

寺町真利子助教 
「BCG接種期間変更後の副反応、 接種部位異常の検討 」
中嶋洋介先生(大分こども病院)
「福岡県におけるA群β溶連菌のマクロライド耐性状況」
多々良一彰助教
新病棟建設前後での小児患者の血液培養より検出した菌の過去3年間の検討」
 
多々良一彰助教、寺町真利子助教は、初めての専門学会での発表でした。質問にも適切に答えて素晴らしい発表でした。
 

READ MORE

2014-11-26

小児科病棟に琴奨菊関が訪問

 

 

11月25日、小児科病棟に、福岡県柳川市出身の琴奨菊関が訪問してくれました!

病棟入院中の児と腕相撲をしたり、子どもたちだけでなく、おとなも大変楽しい時間を過ごすことができました。

READ MORE

2014-11-24

籠手田雄介先生を訪問(国立成育医療研究センター手術集中治療部麻酔科に臨床留学中)

 

第47回日本小児呼吸器学会に出席した岡松由記助教、中西未来助教が、国立成育医療研究センター手術集中治療部麻酔科に臨床留学中の籠手田雄介先生を訪問しました。周術期における、術前、術中、術後のすべてを学んでいるそうです。当然ですが、彼の専門分野である、小児循環器領域以外の手術もすべて研修しています。彼が帰学してくるのが、もうすでに楽しみになりました。

 

注:写真は、お酒じゃないですよ水ですよ、水、水!(笑)

READ MORE

2014-11-21

第47回日本小児呼吸器学会

 

10月24-25日、東京にて第47回日本小児呼吸器学会が開催されました。

 

シンポジウム:小児気道異物をもう一度考える

岡松由記助教

「小児の気道異物-当科における診断と治療の流れー」

 

口演

中西未来助教

「当科で経験した原発性肺ヘモジデローシスの3例」

 

聖地秋葉原に初めて行きました。小児呼吸器領域のエキスパート達は、小児救急医学会でもアレルギー学会でもよくお会いします。明日からの診療を頑張るよい刺激を多く受けて久留米に帰ってきました。
 

READ MORE

2014-11-19

「広報くるめ」に山下裕史朗教授が掲載される

 

久留米市の広報機関誌「広報くるめ」の2014年11月15日号に、山下裕史朗教授の発達障害の記事が掲載されました。

READ MORE

2014-11-17

第3回先輩医師と話そうプログラム

 

10月6日、久留米大学病院男女共同参画事業推進委員会が企画共催する、「第3回先輩医師と話そうプログラム」が開催されました。医師のワークライフバランスを中心に取り上げられ、当科の山下裕史朗教授が特別講演をされました。

大学全体としてもですが、小児科内でも最近ワーキンググループが作られて、医師のワークバランスの改善に努めています。

 

READ MORE

2014-11-14

第27回九州小児不整脈研究会

10月18-19日、阿蘇郡にて第27回九州小児不整脈研究会が開催されました。

 

口演

岸本慎太郎助教

「最近になって高度房室伝導障害が出現した当科外来管理中の成人先天性心疾患患者6例」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 9月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔9月6日(金)〕★配信あり
    演題:新生児低酸素性虚血性脳症の克服へ(バイオマーカーの発見から臨床応用へ)
    演者:伊藤 雅之先生 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部・室長
    キーワード:新生児低酸素性虚血性脳症、LOX-1、重症度分類、低体温療法
    (進行:山下 裕史朗)
  • 〔9月13日(金)〕★配信あり
    演題:「小児急性脳症に対する脳保護療法」
    演者:河野 剛先生 聖マリア病院小児科
    (進行:弓削 康太郎)
  • 〔9月 20日(金)〕★配信あり
    演題:「新しい時代の血友病治療と課題~血友病は男性だけの疾患ではありません」
    演者:松尾 陽子先生 久留米大学小児科
    キーワード:個別化治療、周産期管理、血友病保因者
    (進行:中川 慎一郎)
  • 〔9月27日(金)〕★配信あり
    演題:「19歳で人工肛門、偏差値30だった僕が医師になって考えたこと」
    演者:石井 洋介先生 医療法人社団ユニメディコ山手台クリニック院長 日本うんこ学会会長
    キーワード:潰瘍性大腸炎、行動変容、コミュニケーションデザイン
    (進行:石原 潤)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.