医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2020-07-28

武谷三恵先生が久留米大学医学部付属臨床検査専門学校の教務主任に就任しました。

武谷三恵先生が久留米大学医学部付属臨床検査専門学校の教育主任に就任しました。

医療および予防医学に関わる職種の中で、臨床検査技師は、外から観察するだけでは捉えられない

身体内部の状態を客観的な情報として取り出し、診断や治療の場に提供する役割を果たしています。

広く社会に貢献しています。

READ MORE

2020-07-21

第15回 日本てんかん学会九州地方会がWebで開催されました。

第15回 日本てんかん学会九州地方会がWebで開催されました。

久留米大学小児科から山下裕史朗主任教授、弓削康太郎助教、八戸由佳子助教、

米の山病院から後藤康平先生が参加しました。

 

口演:後藤康平先生

『ケトン食療法とペランパネルの併用が著効した 1 歳例
』 

 

本会は久留米大学医学部 神経精神医学講座 本岡大道准教授が主幹されました.。

Web開催のため事前準備や当日の調整にとても苦慮されたことと思いますが、

 当日は100名以上が参加し活発な議論が行われ、とても有意義な会でした。

READ MORE

2020-07-17

The 21st Annual Meeting of Infantile Seizure Societyが開催されました。

The 21st Annual Meeting of Infantile Seizure Societyが

バーチャル国際学会で開催されました(会長:岡山大学小林勝弘先生)。

テーマは、Developmental and Epileptic Encephalopathies(DEE)で、

山下裕史朗主任教授が「DEEと神経発達症」というタイトルでレクチャーをしました。

West症候群やDravet症候群に自閉スペクトラム併存が高頻度で起こることから、

フォローアップと早期のインターベンションの必要性を強調しました。

READ MORE

2020-07-14

第63回小児神経学会学術集会のホームーページがオープンしました。

2021年5月に山下裕史朗主任教授が主催する

第63回小児神経学会学術集会のホームーページオープンしました。

学術集会のテーマは、"Ignite Evolution at the Dawn of a New Age"です。

テーマの意味については、ぜひホームページをご覧ください。
http://www.congre.co.jp/jscn2021/

READ MORE

2020-07-10

内分泌・筋・ミトコンドリアグループ 古賀木綿子先生に聞きました。

古賀 木綿子

1. 専門グループは何ですか?

内分泌・筋・ミトコンドリアグループです。

 

2. そのグループに入ったきっかけは?

自分はマイペースでのんびりな性格で手先が器用な方でもないので、

慢性期をしっかり診られる所に惹かれました。

 

3. どのようなお仕事をしていますか?(外来+病棟)

現在は日替わりで内分泌外来をやっており、毎週新患が5~10人程度きています。

私は週に2日外来診察を行っています。

病棟業務は予定入院患者の負荷試験が中心です。

時々1型糖尿病の初発時のDKAや副腎クリーゼ、MELASの脳卒中様発作等の緊急入院もあります。

その他入院患者さんの電解質異常、血糖異常、甲状腺機能異常、高血圧等の相談を受けます。

新生児からは外性器異常、四肢短縮での骨系統疾患疑い、新生児マススクリーニング異常等の相談があります。

 
4. どんな疾患を診ていますか?
糖尿病(1型、2型)、低身長(SGA、GHD)、甲状腺疾患(クレチン、バセドウ)、骨疾患(軟骨無形成、
軟骨低形成)、中枢性尿崩症、思春期早発、思春期遅発、小児がん患者の内分泌障害、性分化疾患等。
 
5. 久留米大学小児科のアピールポイント何ですか?
 間口が広く、グループの垣根が低いところ。久留米とは何ら関係のない人でも気安く入局できる空気感。

READ MORE

2020-07-07

代謝・遺伝グループ 福井香織先生に聞きました。

福井 香織

1. 専門グループは何ですか?

代謝・遺伝グループです。

 

2. そのグループに入ったきっかけは?

レジデントの頃に胃腸炎後の低血糖で亡くなった症例を経験し、

先天代謝異常症を知っておく必要があると実感したために、代謝を専門的に学びました。

その後、福岡で働くにあたり、福岡で代謝をするなら久留米!なので、久留米の医局に入局しました。

 

3. どのようなお仕事をしていますか?(外来+病棟)

主に外来。代謝の外来と遺伝カウンセリングの外来が多いです。

病棟では、調子が悪くなった場合の緊急入院や精査の際に入院の子たちの管理を行います。

 

4. どんな疾患を診ていますか?

先天代謝異常症全般。特にアミノ酸代謝異常症や有機酸代謝異常症が多いです。

あとは、体重増加不良の児や奇形症候群なども多いです。

遺伝外来では、小児疾患だけではなく、成人発症のもの、出生前診断やがんの遺伝子など多岐に渡っています。

最近は遺伝子検査を行われることが多く、重要性が増しています。

 

5. 久留米大学小児科のアピールポイント何ですか?

グループがたくさんあり、色々な分野の専門家が身近にいて相談することができます。

もし、先天代謝異常症や遺伝に興味があれば、九州内で専門的にやっているところは少ないので、是非オススメです。

READ MORE

2020-07-03

腎・泌尿器・膠原病グループ 荒木潤一郎先生に聞きました。

荒木 潤一郎

1. 専門グループは何ですか?

腎・泌尿器・膠原病グループです。

 

2. そのグループに入ったきっかけは?

チーフの人柄やグループの雰囲気です。

 

3. どのようなお仕事をしていますか?(外来+病棟)

グループで入院している方の方針を決めて、病棟主治医の先生たちと一緒に治療を行いつつ、指導もしています。

 

4. どんな疾患を診ていますか?

入院ではネフローゼ症候群や腎炎の治療、腎生検、急性腎障害の管理を主にしています。

年に数例、緊急血液透析(新生児の緊急透析含む)を行うこともあります。

外来では退院後の継続フォローと水腎症や夜尿症・昼間尿失禁、先天性尿路奇形などを診ています。

 

5. 久留米大学小児科のアピールポイント何ですか?

様々な専門の領域がそれぞれ稀少な疾患、重篤な病態まで診療しており、協力して診療できる点です。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [10月1日(金)]★配信あり
    第514回日本小児科学会福岡地方会例会予演会
    「発症時左尿管結石を認めたケトアシドーシス合併1型糖尿病小児の1例」大島菜那子先生
    「経口避妊薬による薬剤性ループスを発症したと考えられる13歳女児の1例」井手水紀先生
    (進行:カンファ係)
  • [10月8日(金)]★配信あり
    演題:「オミックス解析の診断への応用可能性:最近の進歩」
    演者:小原 收先生 かずさDNA研究所 副所長・ゲノム事業推進部長
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月15日(金)]★配信あり
    演題:「第1部:疫学研究から理解する児童虐待の長期影響
    第2部:コロナ禍での医療従事者のストレス」
    演者:川上 憲人先生 東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野 教授
    (進行:山下 裕史朗)
  • [10月22日(金)]★配信あり
    演題:「小児脳神経外科疾患の最近の話題 ブラッシュアップミニセミナー」
    演者:下川 尚子先生 久留米大学医学部 脳神経外科学講座 講師
    キーワード:二分脊椎 頭蓋縫合早期癒合症 小児頭部外傷
    (進行:木下 正啓)
  • ※10月29日(金)は未定
  • Grand Rounds オンライン配信
    COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止し、2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めています。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    ※参加を予定される先生は医局までご連絡下さい。

    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.