医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-03-30

山下裕史朗教授が大船渡保健福祉環境センターを訪問

 

1月21日、山下裕史朗教授が、岩手県大船渡保健福祉環境センターを訪問しました。JICAによるパキスタン初のロタウイルス定期接種の事業のため研修に来ているパキスタンカウンターパート医師4名に、震災後の気仙地区でのロタウイルス無料接種事業の成果やロタによる神経合併症について講義をしました。久留米大学小児科が1986-91年にイスラマバード小児病院を支援し、震災後に気仙地区での小児診療やロタ無料予防接種に関わったことなど深い縁があります。

READ MORE

2016-03-28

外科系集中治療室(SICU)医療従事者への乳児急変対応講習会

 

3月12日、に外科系集中治療室(SICU)医療従事者への乳児急変対応講習会が開催されました。高度救急救命センター所属の小児科講師長井孝二郎先生を中心に、須田憲治准教授、岡松由記助教、岸本慎太郎助教、七種護助教、鍵山慶之助教、吉塚悌子先生、井上忠先生、日吉祐介先生ら、入局1年目を含む小児科医師等で行いました。

休日でしたが、約40名もの参加者を得て、和気あいあいした中にもしっかりと講習ができました。院内各部署で小児患者の急変対応は必要です、今日の講習も成果を上げたと感じました。同時に教えることで、若手小児科医達にとっても勉強・復習になったと思います。これからも院内での小児急変対応講習を進めていきたいと思います。

READ MORE

2016-03-25

弓削康太郎助教が筆頭著者の論文がアクセプト

 

弓削康太郎助教が筆頭著者の論文「Pathological crying and emotional vasovagal syncope as symptoms of a dorsally exophytic medullary tumor」が、Brain and Development(IF=1.880)にアクセプトされました。

 

急な情動の変化とそれに伴う迷走神経性失神を繰り返した延髄腫瘍(pilocytic astrocytoma)の3歳、男児を経験したので報告しました。

脳幹部腫瘍の症状は主に脳神経障害、錐体路徴候、失調ですが、本症例ではそれらの症状はなく、泣いたり怒ったりしやすく、好きだったアニメのキャラクターを怖がるようになったりなどの情緒行動の変化、また啼泣した後の意識消失、強直性けいれんを繰り返し認めました。化学療法で腫瘍サイズが小さくなると、それらの症状も改善しました。病態として情緒の発現に関与する下小脳脚への延髄背側腫瘍による圧迫で情動の変化を呈し、またその変化に迷走神経が過敏に反応し失神を引き起こしたのではないかと過去の文献も引用して考察しました。

READ MORE

2016-03-23

第15回日本ミトコンドリア学会年会

11月19〜20日、福井市で第15回日本ミトコンドリア学会年会が開催されました。

 

座長

古賀靖敏教授:シンポジウム1「ミトコンドリアにおける臨床医学と基礎医学の融合」ー臨床医学の進歩

 

シンポジウム

古賀靖敏教授:ミトコンドリア病治療薬開発の最前線

 

口演

古賀靖敏教授

「ピルビン酸ナトリウム治療はミトコンドリア病の臨床症状および乳酸・GDF15を改善する」

 

ポスター

八ツ賀秀一助教

「ミトコンドリア病類縁疾患におけるGDF15・FGF21の検討」

喜多村美幸先生(大分こども病院)

「超急性期のMELAS脳卒中様発作に対するLアルギニン静注療法は、MRI異常の遷延を予防する」

 

日本のミトコンドリアおよびミトコンドリア病の研究に関わる医師、基礎研究者が一同に集まる学会です。ミトコンドリア機能・構造・遺伝子の研究、ミトコンドリア病の治療・病態の研究や症例などが一緒に出会える場所です。
本学会の現会長は、古賀靖敏教授ですが、理事会で再任され、引き続き会長をすることになりました。計4年間することになります。新たに八ツ賀秀一助教が評議員になりました。

READ MORE

2016-03-21

第37回胆汁酸研究会

11月7日、横浜市で第37回胆汁酸研究会が開催されました。

 

口演

白濵裕子先生(公立八女総合病院)

「肝内胆汁うっ滞症に対するリファンピシン作用機序の臨床的解析」

 

胆汁酸研究会は、内科医、外科医、小児科医、薬学部を中心とした基礎研究者など、幅広い分野からの参加者で構成されます。専門的な内容を、十分なディスカッション時間を使って討論する会です。演者の白濵裕子先生は初めての参加とは思えないほど、的確に質疑応答ができていました。来年は当科の木村昭彦臨床教授(くまもと芦北医療療育センター)が会長で、久留米市にて開催予定です。

READ MORE

2016-03-18

第271回 Primay Care Conference

1月29日、久留米市で第271回 Primay Care Conferenceが開催されました。

 

鴻池善彦助教(久留米大学小児科・高度救命救急センター)

「重症頭部外傷の小児例報告」

安田亮輔助教(久留米大学小児科)

「発達遅滞、足をひくずる、啼泣時顔色不良で精査中に肺高血圧発作・心停止を来した1例」

中嶋大介先生(久留米大学小児科後期研修医)

「不明熱で紹介され猫ひっかき病と診断した1例」

READ MORE

2016-03-16

第195回筑後小児科医会セミナー

11月5日、久留米市で第195回筑後小児科医会セミナーが開催されました。

 

講演

寺町麻利子助教

「病原性大腸菌の無症候性保菌者に対する当院の対応」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 6月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止しております。2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めます。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、会議参加の招待メールを返信させていただきます。
  • 【オンライン配信におけるセキュリティーに関して】
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにしております。
    会議参加予定の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控え下さい。
  • [6月5日(金)]★配信あり
    演題:「EndNote入門~効果的な文献収集・活用法~」
    演者:谷川 淳様 ユサコ株式会社 アカデミア事業部
    キーワード:文献収集、文献管理、引用文献の自動フォーマット
    (進行:西小森 隆太)
  • [6月12日(金)]★配信あり
    演題:「(仮)カルテの書き方、プロブレムリスト、SOE」
    演者:牛島 高介先生、島 さほ先生
    (進行:弓削 康太郎)
  • [6月19日(金)]★配信あり
    演題:「子どもの薬に関する話題」
    第一部:小児医薬品開発を取り巻く最新の話題
    第二部:小児薬物治療に役立つ薬物動態学
    演者:中村 秀文先生
    所属:国立成育医療研究センター 臨床研究センター 開発企画主幹
    キーワード:小児医薬品開発、COVID-19、至適投与量設定
    (進行:古賀 靖敏)
  • [6月26日(火)]★配信あり
    演題:「ゲノム科学を臨床に活かしていただくために:基礎研究者が「検査」をはじめて悩んでいること」
    演者:小原 収先生 かずさDNA研究所 ゲノム事業推進部 部長・副所長
    キーワード:クリニカルシーケンシング、臨床オミックス研究、検体検査
    (進行:西小森 隆太)
  • カンファランス担当:西小森 隆太/弓削 康太郎
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.