医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-02-29

第60回日本新生児成育医学会

10月23〜25日、盛岡市で第60回日本新生児成育医学会が開催されました。

 

サテライト企画:BabyCooling Japan低体温療法実践講習会

岩田欧介准教授、木下正啓助教

 

口演

津田兼之介先生(横浜市立大学附属小児総合医療センター・総合周産期母子医療センター)

「Baby Cooling Japan低体温療法登録事業からの定期報告~登録開始3年間を経て」

READ MORE

2016-02-26

平成27年度福岡県小児保健研究会・母子保健研修会

 

12月5日、久留米市で平成27年度福岡県小児保健研究会・母子保健研修会が山下裕史朗会長のもと開催されました。

 

子育て不安と子育て困難の相談が増加し、個別のカウンセリングでは対処できなくなってきています。親のニーズにあったスキルを提供できる、様々なペアレンティングプログラムを実施されてきた白山真知子先生(NPO法人児童虐待防止協会臨床心理士)にご講演いただきました。役立つ具体的スキルもご紹介いただいき、参加者100名は大変勉強になりました。

READ MORE

2016-02-24

第487回日本小児科学会福岡地方会例会

12月12日、久留米市で第487回日本小児科学会福岡地方会例会が開催されました。

 

座長

山下裕史朗教授:教育講演
財津亜友子助教(久留米大学医療センター):免疫・膠原病

 

口演

財津亜友子助教(久留米大学医療センター)

「難治性ネフローゼ症候群にリツキシマブ投与した20例の後方視的検討」

喜多村美幸先生(大分こども病院)

「ジストロフィン遺伝子解析(MLPA法)でレアバリアントによるエクソン22の増幅不良を認めた1例」

酒井さやか先生(飯塚病院)

「当院における特定妊婦とその出生児の転帰」

中村美彩先生(聖マリア病院)

「気管内挿管を要した重症クループの1例」

吉塚悌子先生(久留米大学後期研修医)

「NICUにおける低カルニチン血症症例の検討ーマススクリーニング陽性例を中心にー」

READ MORE

2016-02-22

The Liver Meeting 2015

 

11月13~17日、米国・サンフランシスコでThe Liver Meeting 2015が開催されました。

 

ポスター

江田慶輔助教

「Zinc monotherapy for young pediatric patients with presymptomatic Wilson disease: a two-center experience in Japan」

 

The Liver Meetingはアメリカ肝臓学会(AASLD)が主催する年次学術集会です。世界中の消化器肝臓内科医、肝臓外科移植外科医、小児肝臓医、基礎研究者が参加します。参加者は1万人以上、演題が2000題以上の世界最大の肝臓学会です。海外からの演題採択率は30~40%と言われていますが、江田慶輔助教は初めての国際学会挑戦で見事採択されました。ポスター前に演者が立ち、質問者とdiscussionする「presenters in attendance」では、公約通り(?)ポスター前に1時間半の間立ちきり、国際色豊かな7人からの英語での質問にも対応していました。

READ MORE

2016-02-19

HPPカンファレンス in Fukuoka

11月11日、福岡市でHPP(hypophosphatasia:低ホスファターゼ血症)カンファレンス in Fukuoka が開催されました。

 

口演

井上忠先生(久留米大学小児科後期研修医)

「Asfotase alfa導入により骨形成を認めた周産期致死型低ホスファターゼ症の1例〜進行性呼吸障害・心不全が改善し人工呼吸器を離脱」
 

低ホスファターゼ症の酵素補充薬が世界に先駆けて、2015年9月、日本がいちばんに承認されました。当科でも2例治療しており、その症例発表を後期研修医の井上忠先生がしました。入局してから7か月以上、本症例の主治医をしております。堂々とした発表でした。
低ホスファターゼ症の世界的権威、Whyte先生の講演もあり、充実した会でした。
井上忠先生は、演者控え室でWhyte先生と英語で会談したようで、非常に頼もしく将来が楽しみです。

READ MORE

2016-02-17

ASHG 2015

10月6〜10日、米国・バルチモアでASHG 2015が開催されました。

 

ポスター

渡邊順子准教授

「 Neonatal hemolytic anemia and multiple congenital anomalies due to deletions of 5q33, 6q24, and 14q23」

READ MORE

2016-02-15

山下裕史朗教授が筆頭著者の論文がアクセプト

 

山下裕史朗教授が筆頭著者の論文「Adrenoleukodystrophy with Frontal Lobe Involvement and Attention Deficit Hyperactivity Disorder-like Symptoms」が、International Journal of School and Cognitive Psychologyにアクセプトされました。

 

副腎白質ジストロフィーの症状が行動異常から始まる場合、ADHDが鑑別疾患となります。本論文は、ADHD様の行動異常を初期に呈した副腎白質ジストロフィーの症例報告で、スクールカウンセラーにぜひ知っていてほしい内容です。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 6月小児科Grand Rounds
  • 6月7日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「ウイルスの科学と空想の狭間」「KUOSの裏(話・側)」
    演者:久留米大学医学部医学教育研究センター 柏木 孝仁 先生
    キーワード:RNAワールド、進化、共存、アルゴリズム、最速、エンジニアリング
    (進行:大園 秀一)
  • 6月14日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「初学者のための研究発表のイロハ」
    演者:久留米大学小児科 教授 須田 憲治 先生
    キーワード:学会発表、パワーポイント、症例報告
    (進行:鍵山 慶之)
  • 6月21日(金) 18時 ★配信あり
    演題:小児救急のピットフォールと地域の小児救急医療体制構築
    演者:松戸市立病院 副院長 平本 龍吾 先生
    キーワード:小児救急、地域医療、医療体制
    (進行:田中 征治)
  • 6月28日(金) 16時 ★配信あり
    演題:「男性小児科医としての育児休業の経験(仮)」
    演者:久留米大学小児科 血液グループ 明井 孝弘 先生
    キーワード:男性医師、小児科、育児休業
  • 演題:「専攻医期間中の産休・育休」
    演者:久留米大学小児科 シニアレジデント 大津 生利衣 先生
    キーワード:専門医試験、研修休止期間、産休・育休
  • 演題:「育児でのキャリア中断について」
    演者:久留米大学小児科 新生児グループ 緑川 浩子 先生
    キーワード:出産、育休、小児科専門医
    (進行:満尾 美穂)
    *開始時間が16時と通常とは異なりますのでご注意ください。

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    鍵山 慶之
    kagiyama_yoshiyuki@kurume-u.ac.jp
    島田 翔
    shimada_shou@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.