医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-09-27

論文が掲載されました。

新生児グループの前野泰樹准教授(現 聖マリア病院新生児科部長)が

Corresponding authorとして報告した論文

『Antenatal Therapy for Fetal Supraventricular Tachyarrhythmias: Multicenter Trial』

がJournal of the American College of Cardiology(IF=16.834)に掲載されています。

 

世界で初めて、胎児頻脈性不整脈に対する前方視的多施設共同臨床試験を国立成育医療研究センターなど15施設で行い、

母親に抗不整脈薬を投与するプロトコールによる胎内治療の有効性および安全性を評価しました。

約90%の胎児頻脈性不整脈が消失し、プロトコール治療の高い有効性が確認できました。

抗不整脈薬を用いた胎内治療の有効性および安全性を示すだけではなく、

今後、世界中で安全に胎内治療を行っていく体制整備の促進に大きく貢献する研究となりました。

READ MORE

2019-09-24

第19回日本内分泌学会九州支部学術集会が開催されました。

宮崎市で第19回日本内分泌学会九州支部学術集会が開催されました。

■口演

古賀木綿子 先生 『成長ホルモン注射により局所の脂肪萎縮を来した2男児例』

READ MORE

2019-09-20

第29回日本外来小児科学会年次集会が開催されました。

久留米大学小児科学教室同門である吉永陽一郎先生が会頭、長井健祐先生が事務局長を務めた

第29回日本外来小児科学会年次集会が福岡で開催されました。

同門の結束と盛り上げを強く感じる会でした。

教育講演も当科より4つありました。

 

山下裕史朗 主任教授 『外来での発達障害児と家族の支援』

永光信一郎 准教授 『思春期の親子のかかりつけ医制度を目指して』

後藤憲志 講師 『小児渡航外来のススメ』

長田陽一 先生 『少数派の子どもの発達支援~15分間の外来で希望をもたせる戦略を考える~』

READ MORE

2019-09-17

論文が掲載されました。

消化器グループの小西健一郎助教が筆頭著者の論文

Clinical Features, Molecular Genetics, and Long-Term Outcome in

Congenital Chloride Diarrhea: A Nationwide Study in Japan』

がJournal of Pediatrics(IF=3.739)にオンライン掲載されました。

先天性クロール下痢症の臨床・遺伝子像と長期予後に関して、東アジアから初めてとなる

全国規模での調査結果を報告しました。

READ MORE

2019-09-13

1型糖尿病サマーキャンプが開催されました。

1型糖尿病サマーキャンプ(通称;ブルースカイ)が海の中道海浜公園で開催されました。

このキャンプは、糖尿病患者さんに対する療養指導の場、

また患者さん自身が同じ疾患の仲間と出会い語らう場及び社会生活に必要な能力を獲得する場として

世界各地で催されるイベントです。

 

ブルースカイは今年で32回目の開催を迎え、参加者は25名。

高校生のお兄さん、お姉さんから最年少は5歳の保育園児まで幅広い年齢の子供たちが参加してくれました。

普段会えない仲間とたくさんのスタッフとともに過ごした日。

 

たくましく成長した横顔を見せてくれるようになった子供達の健やかな成長を

小児科外来で支えていこうと改めて思う夏の日でした。

READ MORE

2019-09-10

第15回くるめサマートリートメントプログラム(STP)が行われました。

第15回くるめサマートリートメントプログラム(STP)が、久留米特別支援学校で実施されました。

ADHDのある10名の小2~4年生が参加、猛暑と台風にも負けずにプログラムを無事終えました。

が国で、医療、心理、教育の専門家と各領域の学生が協働する包括的治療プログラムは珍しく、

国的にも注目を浴びています。

READ MORE

2019-09-06

筆頭著者の論文が掲載されました。

消化器グループの高木祐吾先生が筆頭著者の論文

Laboratory values in Japanese children with newly diagnosed inflammatory bowel disease』

がPediatrics International(IF=0.939)に掲載されました。

炎症性腸疾患の診断時血液検査値に関して検討し報告しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [10月2日(金)]★配信あり
    演題:「自己免疫のメカニズム」
    演者:小林 一郎先生 KKR札幌医療センター 小児・アレルギーリウマチセンター長 北海道大学大学院医学研究院小児科学分野 客員教授
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月6日(火)]※配信なし
    【第509回日本小児科学会福岡地方会予演会】
    演題①:「動脈管開存症に対してAMPLATZERピッコロオクルーダーで経カテーテル閉鎖術を施行した新生児の2症例」
    演者:前田 靖人先生
  • 演題②:「無脾症にEBウイルス関連血球貪食リンパ組織球症(EBV-HLH)を合併した一例」
    演者:管 毅先生、大園 秀一先生
  • 演題③:「人工内耳埋め込み術から5ヶ月後に発症した肺炎球菌性髄膜炎の7歳女児例」
    演者:宮崎 裕之先生
    (進行:高瀬 隆太/西小森 隆太)
  • [10月9日(金)]★配信あり
    演題:小児アレルギーの即戦力養成講座
    演者:岡松 由記先生、岩谷 麻実先生、木村 典子先生、横地 賢興先生
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月16日(金)]★配信あり
    演題:「ミトコンドリア病のためのマルチオミクス解析と診断・治療法開発」
    演者:田中 雅嗣先生 国立健康・栄養研究所 客員研究員
    (進行:古賀 靖敏)
  • [10月23日(金)]★配信あり
    演題:「中條–西村症候群の現在・過去・未来」
    演者:金澤 伸雄先生 兵庫医科大学皮膚科教授
    キーワード:中條ー西村症候群、プロテアソーム、自己炎症性疾患
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月30日(金)]★配信あり
    演題:「留学報告」
    演者:寺町 陽三先生 
    キーワード: 海外留学、胎児心臓病、動物実験
    (進行:須田 憲治)
  • Grand Rounds オンライン配信
    COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止し、2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めています。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    ※参加を予定される先生は医局までご連絡下さい。

    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.