医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2020-02-28

西小森准教授が教育講演を行いました。

第508回日本小児科学会福岡地方会例会で、

西小森隆太准教授が教育公講演を行いました。

『自己炎症性疾患アップデート』

大変分かり易く、大盛況でした。

READ MORE

2020-02-25

第508回日本小児科学会福岡地方会例会が開催されました。

第508回日本小児科学会福岡地方会例会が開催されました。

ジュニアの徳富謙太郎先生が発表デビューを見事に飾りました。

 

■口演

徳富謙太郎 先生 『経費的心房中隔欠損症閉鎖術(TC-ASD)により体重増加を得られた歌舞伎症候群の1例

日野綾 先生 『重度側弯を伴う脊髄性筋萎縮症患者に対する髄注治療の取り組み』 

 

■座長

循環器:井上忠 助教

神経・筋:八戸由佳子 助教

READ MORE

2020-02-21

第20回日本小児IBD研究会が開催されました。

第20回日本小児IBD研究会が東京で開催され、消化器グループが参加してきました。

■口演

水落建輝 講師

坂口廣高 助教

■座長

水落輝 

READ MORE

2020-02-18

第16回日本小児消化管感染症研究会が開催されました。

第16回日本小児消化管感染症研究会が東京で開催され

消化器グループが参加してきました。

第17回の同研究会は、消化器グループチーフ水落建輝講師が

当番世話人として大阪で開催予定です。

READ MORE

2020-02-14

第26回小児科医のための臨床研修指導医講習会に参加してきました。

第26回小児科医のための臨床研修指導医講習会が千葉の船橋で行われ、

山下裕史朗主任教授と腎グループ財津亜友子助教が参加してきました。

全国から小児科医32名(医師10~20年目程度が大多数)が集まり、

タスクフォースの先生方のサポートの下、指導医としての在り方を改めて学ぶことができました。

指導困難な場面についてグループワークを行い指導方法について議論したり、

研修評価方法を実践したり、新専門医制度の概説の講義があったり、と有意義な時間を過ごせました。

3日間缶詰でしたが、大変勉強になりました。今後の専攻医の指導に役立てようと思います。

 

READ MORE

2020-02-11

第31回日本先天性心疾患カテーテル治療学会(JCIC)が行われました。

第31回日本先天性心疾患カテーテル治療学会(JCIC)が沖縄の那覇市で行われました。

口演4題、ポスター3題の発表をしました。

須田憲治教授が会長の時に福岡で始めたJPIC若手東西対決アンジオクイズでは、

鍵山、前田、井手チームが、昨年に続き予選を勝ち抜き、準優勝しました。

また、後期研修医 井手先生は優秀ポスター賞を受賞しましたが、

すでに帰福の途にあったため、津田先生が代わりに受賞式に参加しました。

外は、昼は25度を超える暑さだったようですが、学会場はしっかり冷房されていました。

沖縄の暑さを実感する間もありませんでしたが、活発な討議の方で熱くなる人が沢山居ました。

ちなみに須田教授はソーキそばが大好きですが、今回なかなか食べる機会に恵まれず、

る直前に空港でソーキそばが食べられたので満足しました。

READ MORE

2020-02-07

多施設共同研究の進捗報告会議が行われました。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)との共同研究で昨年から実施されているADHDに特化した

ペアレントプログラムの多施設共同研究の進捗報告会議がOISTで行われました。

山下主任教授とコーディネーターの中原さんが参加。

縄、久留米、福井の3カ所が参加しており、3年間で治療エビデンスや費用対効果を出していきます。

OISTは質の高い論文の割合が高い研究機関ランキングで世界9位に選出されました。

研究者の過半数は外国人で公用語も英語です。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [10月2日(金)]★配信あり
    演題:「自己免疫のメカニズム」
    演者:小林 一郎先生 KKR札幌医療センター 小児・アレルギーリウマチセンター長 北海道大学大学院医学研究院小児科学分野 客員教授
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月6日(火)]※配信なし
    【第509回日本小児科学会福岡地方会予演会】
    演題①:「動脈管開存症に対してAMPLATZERピッコロオクルーダーで経カテーテル閉鎖術を施行した新生児の2症例」
    演者:前田 靖人先生
  • 演題②:「無脾症にEBウイルス関連血球貪食リンパ組織球症(EBV-HLH)を合併した一例」
    演者:管 毅先生、大園 秀一先生
  • 演題③:「人工内耳埋め込み術から5ヶ月後に発症した肺炎球菌性髄膜炎の7歳女児例」
    演者:宮崎 裕之先生
    (進行:高瀬 隆太/西小森 隆太)
  • [10月9日(金)]★配信あり
    演題:小児アレルギーの即戦力養成講座
    演者:岡松 由記先生、岩谷 麻実先生、木村 典子先生、横地 賢興先生
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月16日(金)]★配信あり
    演題:「ミトコンドリア病のためのマルチオミクス解析と診断・治療法開発」
    演者:田中 雅嗣先生 国立健康・栄養研究所 客員研究員
    (進行:古賀 靖敏)
  • [10月23日(金)]★配信あり
    演題:「中條–西村症候群の現在・過去・未来」
    演者:金澤 伸雄先生 兵庫医科大学皮膚科教授
    キーワード:中條ー西村症候群、プロテアソーム、自己炎症性疾患
    (進行:西小森 隆太)
  • [10月30日(金)]★配信あり
    演題:「留学報告」
    演者:寺町 陽三先生 
    キーワード: 海外留学、胎児心臓病、動物実験
    (進行:須田 憲治)
  • Grand Rounds オンライン配信
    COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止し、2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めています。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    ※参加を予定される先生は医局までご連絡下さい。

    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.