医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-12-17

第49回日本小児感染症学会に参加して来ました。

第49回日本小児感染症学会で感染症グループが発表して来ました。

久留米大学小児科の関連研修施設の先生方を含めて11演題発表しました。学会主幹の川崎医科大学に国内留学中の田中悠平先生も2演題発表しました。若い先生方も堂々と質疑に答えており今後が楽しみです。

 

 

 

READ MORE

2016-12-16

第5回日本発達神経学学会が開催されました。

本学会は、文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 構成論的発達科学との共催で、当講座もこの研究を分担しています。 この研究は、発達障害である当事者の研究で見出された仮説と人間科学(医学,心理学,脳神経科学)が提供する胎児期からの発達観測データをもとに 構成論(ロボティクス,情報学)がモデルを構築していくという、世界で初めての学融合的研究です。 これにより,既存の学問分野の枠に収まらない新興・融合領域の創成を目指しています。 「構成論的発達科学の展開」ということで、これまでの研究結果の報告を行ってきました。 新生児グループから、岩田准教授、木下助教、進藤助教、盛崎助教の4名が参加し、ポスター7演題を発表しました。

READ MORE

2016-12-01

木下正啓先生(助教)の論文がアクセプトされました。

木下正啓先生(助教)の「Paradoxical diurnal cortisol changes in neonates suggesting preservation of fetal adrenal rhythms.」が、Scientific Reports(IF=5.228)にアクセプトされました。早産児では、成人型コルチゾールリズムと反対で夕に高くなるリズムを認め、その起源は胎児期のコルチゾールリズムが維持されている可能性を示唆しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 2月2日(金)★配信あり
    演題:「学会発表のいろは」
    演者:久留米大学小児科教授 須田 憲治 先生
    キーワード:スライド作り、パワーポイント、症例報告
    (進行:前田 靖人)
  • 2月9日(金)★配信あり
    演題:「小児希少疾病領域の医療評価のポイントと今後の推進」
    演者:国立成育医療研究センター 研究開発監理部 開発企画主幹 中村 秀文 先生
    キーワード:小児希少疾患、ドラッグラグ、治療開発
    (進行:山下 裕史朗)
  • 2月16日(金)配信なし
    第524回 小児科学会福岡地方会 予演会
    (進行:屋宮 清仁)
  • 2月23日(金)
    祝日(天皇誕生日)のため休会

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    寺町 陽三
    temple_town@kurume-u.ac.jp
    屋宮 清仁
    okumiya_kiyohito@kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.