医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-12-17

第49回日本小児感染症学会に参加して来ました。

第49回日本小児感染症学会で感染症グループが発表して来ました。

久留米大学小児科の関連研修施設の先生方を含めて11演題発表しました。学会主幹の川崎医科大学に国内留学中の田中悠平先生も2演題発表しました。若い先生方も堂々と質疑に答えており今後が楽しみです。

 

 

 

READ MORE

2016-12-16

第5回日本発達神経学学会が開催されました。

本学会は、文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 構成論的発達科学との共催で、当講座もこの研究を分担しています。 この研究は、発達障害である当事者の研究で見出された仮説と人間科学(医学,心理学,脳神経科学)が提供する胎児期からの発達観測データをもとに 構成論(ロボティクス,情報学)がモデルを構築していくという、世界で初めての学融合的研究です。 これにより,既存の学問分野の枠に収まらない新興・融合領域の創成を目指しています。 「構成論的発達科学の展開」ということで、これまでの研究結果の報告を行ってきました。 新生児グループから、岩田准教授、木下助教、進藤助教、盛崎助教の4名が参加し、ポスター7演題を発表しました。

READ MORE

2016-12-01

木下正啓先生(助教)の論文がアクセプトされました。

木下正啓先生(助教)の「Paradoxical diurnal cortisol changes in neonates suggesting preservation of fetal adrenal rhythms.」が、Scientific Reports(IF=5.228)にアクセプトされました。早産児では、成人型コルチゾールリズムと反対で夕に高くなるリズムを認め、その起源は胎児期のコルチゾールリズムが維持されている可能性を示唆しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 1月小児科Grand Rounds
  • 〔1月4日(火)〕
    第一部:「小児医薬品開発ネットワークと国際連携」
    第二部:「小児臨床薬理学の基礎知識」
    中村 秀文先生(国立成育医療治療研究センター)
    キーワード: 小児薬理学、小児医薬品開発、国際連携
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月11日(金)〕
    「ミトコンドリア病の遺伝子診断・治療薬・体外診断薬・遺伝子治療の過去・現在・未来」
    田中 雅嗣先生(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
    キーワード:mtDNA, SmaI, Pyruvate, GDF15, mitoRGEN/AsCpf1
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月18日(金)〕
    「私たちは、こういう診療をしています(血液、感染症)」
    血液G:大石先生、感染症G:屋宮先生
    キーワード:大学での実際の診療、各疾患のup to date、関連病院との連携強化
    (進行:籠手田 雄介)
  • 〔1月25日(金)〕
    「マイコプラズマ感染症とトラベルクリニックの最近の話題」
    尾内 一信先生(川崎医科大小児科教授)
    キーワード:マイコプラズマ、耐性率、ミキシング、適正使用、東京2020
    (進行:後藤 憲志先生)
  • 〔2月1日(金)〕
    福岡地方会予演会
  • 〔2月8日(金)〕
    実験心理学 Dr.Monique Phaltz(Switzeland)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.