医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-12-17

第49回日本小児感染症学会に参加して来ました。

第49回日本小児感染症学会で感染症グループが発表して来ました。

久留米大学小児科の関連研修施設の先生方を含めて11演題発表しました。学会主幹の川崎医科大学に国内留学中の田中悠平先生も2演題発表しました。若い先生方も堂々と質疑に答えており今後が楽しみです。

 

 

 

READ MORE

2016-12-16

第5回日本発達神経学学会が開催されました。

本学会は、文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 構成論的発達科学との共催で、当講座もこの研究を分担しています。 この研究は、発達障害である当事者の研究で見出された仮説と人間科学(医学,心理学,脳神経科学)が提供する胎児期からの発達観測データをもとに 構成論(ロボティクス,情報学)がモデルを構築していくという、世界で初めての学融合的研究です。 これにより,既存の学問分野の枠に収まらない新興・融合領域の創成を目指しています。 「構成論的発達科学の展開」ということで、これまでの研究結果の報告を行ってきました。 新生児グループから、岩田准教授、木下助教、進藤助教、盛崎助教の4名が参加し、ポスター7演題を発表しました。

READ MORE

2016-12-01

木下正啓先生(助教)の論文がアクセプトされました。

木下正啓先生(助教)の「Paradoxical diurnal cortisol changes in neonates suggesting preservation of fetal adrenal rhythms.」が、Scientific Reports(IF=5.228)にアクセプトされました。早産児では、成人型コルチゾールリズムと反対で夕に高くなるリズムを認め、その起源は胎児期のコルチゾールリズムが維持されている可能性を示唆しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.