医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-09-30

江田慶輔(助教)の論文がJ Pediatr Gastroenterol Nutrにアクセプトされました

江田慶輔(助教)の「Adenomyomatosis of the Gallbladder with Pancreaticobiliary Maljunction in a Child」が、北米欧州小児消化器肝臓学会合同機関誌であるJ Pediatr Gastroenterol Nutr(IF=2.4)にアクセプトされました。膵胆管合流異常を合併した胆嚢腺筋腫症の小児例を世界で初めて報告しました。

READ MORE

2016-09-23

田中悠平(助教)の論文がJournal of Infection and Chemotherapyにアクセプトされました。

田中悠平(助教)の『Molecular epidemiology, antimicrobial susceptibility, and characterization of macrolide-resistant Streptococcus pyogenes in Japan』がJournal of Infection and Chemotherapyにアクセプトされました。マクロライド耐性溶連菌の耐性遺伝子解析と分子疫学のまとめです。

READ MORE

2016-09-02

AOCCで竹内孝仁 助教がBest Abstract Awardを受賞

AOCC(Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s & Colitis)とJSIBD(日本炎症性腸疾患学会学術集会)が京都で合同開催されました。AOCCはアジア諸国から消化器内科医や基礎研究者が多数参加し、演題数は約330題と過去最多でした。当科の竹内先生が免疫学講座で研究を行っている、「潰瘍性大腸炎患者の腸管におけるIL-10産生形質芽細胞に関する研究」を発表し、Best Abstract Awardを受賞しました。また、飯塚病院出向中の栁先生が、JOCCでは「小児潰瘍性大腸炎におけるタクロリムス治療の全国調査」、JSIBDでは「小児炎症性腸疾患治療のQ&A」を発表しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 1月小児科Grand Rounds
  • [1月7日(金)]休会
  • [1月14日(金)]★配信あり
    演題:「新しい統合倫理指針について」
    演者:徳永 勝士先生 国立国際医療研究センター ゲノム医科学プロジェクト戸山プロジェクト長、ナショナルセンターバイオバンクネットワーク・中央バイオバンク長(兼任)東京大学名誉教授
    キーワード:研究倫理指針、医学系倫理指針、ゲノム倫理指針
    (進行:原 宗嗣)
  • [1月21日(金)]★配信あり
    演題:「移植医療を必要とする子どもたちのために」
    演者:松浦 俊治先生 九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 准教授
    キーワード:肝移植、小腸移植
    (進行:水落 建輝)
  • [1月28日(金)]★配信あり
    演題:「未定」
    演者:清水 直樹先生 聖マリアンナ医科大学小児科教授
    キーワード:未定
    (進行:山下 裕史朗
  • Grand Rounds オンライン配信
    現在はカンファランス室でのGR開催に加え、Zoomによるオンライン配信を行っています。個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、参加の招待メールを返信させていただきます。
    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにお願いしております。参加の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控えください。
    また参加される場合は名前の入力講演前後のビデオ・オンをお願いいたします。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.