医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2018-05-25

日本内分泌学会でノミネート

第91回日本内分泌学会で、喜多村先生が、若手ポスターの中から12人の高得点演題にノミネートされ口演しました。

まれな遺伝子異常を合併した症例から、新たな考察を導き出しました。

READ MORE

2018-05-22

第91回日本内分泌学会

第91回日本内分泌学会が宮崎市でありました。

◆口演+ポスター 喜多村美幸

◆ポスター 向笠理緒

小児科、内科、産婦人科、脳神経外科が集まる学会です。

ホルモン動態から、代謝を司るシグナル経路、そして遺伝まで幅広く学べる学会でした。

READ MORE

2018-05-18

ESPGHAN2018(欧州小児消化器学会)

ESPGHAN2018
5月9~12日にESPGHAN 2018(欧州小児消化器学会)が

スイスのジュネーブで開催されました。

ポスター:
小西健一郎 助教

「Oxysterols in pediatric acute liver failure with hepatic 
encephalopathy: a pilot study」

READ MORE

2018-05-15

4月のGrand Roundsのまとめ

4月のGrand Roundsのまとめです。

◆4月6日(金)  「小児科学会福岡地方海 予演会」

4月10、11、13日(金)   「第121回 日本小児科学会学術集会 予演会」

学会では久留米大学小児科と関連施設から33演題(医学生4演題を含む)を発表しました。

◆4月20日(金) 第121回 日本小児科学会学術集会のため休会 

◆4月28日(金) 「米国小児集中治療専門医が見た患者安全への取り組みと日本の課題」

演者:稲田 雄 先生  大阪母子医療センター集中治療科 診療主任 

キーワード:患者安全・心肺蘇生・院内迅速対応システム(Rapid Response System: RRS)

大阪母子センター集中治療科の稲田雄先生に、小児集中治療・患者安全・急変時

対応などに関して、日米の違いを含めて講演頂いた。

稲田先生はアメリカで6年間臨床をされたこともあり、アメリカ、特にシンシナ

ティ小児病院の患者安全に関する取り組みを分かりやすく解説頂いた。

現在日本でも広まってきている、RRS(Rapid Response System)に関しては、久

留米の現場でも現在取り組まれているため、非常に参考になる内容であった。

講演終了後は、会場に参加している当科の看護師や、Web配信している聖マリア

病院や飯塚病院からも質問が数多く出て、とても活気がある講演会となった。

READ MORE

2018-05-11

小児医学研究振興財団優秀論文アワードを受賞しました。

岡部留美子先生が小児医学研究振興財団優秀論文アワードを受賞致しました。

READ MORE

2018-05-08

第121回日本小児科学会学術集会が開催されました。

4月20〜22日、福岡で第121回日本小児科学会学術集会が開催されました。

当教室からは、関連病院も含め、口演9演題、ポスター20演題、シンポジウム3演題、座長4セッションを行いました。

また、医学生による発表も頑張りました!!(写真は頑張ってくれた学生達です)

留守を守ってくれた医局員、並びに近隣の病院の先生方には、ご不便をお掛け致しましたが、大変感謝しております。

READ MORE

2018-05-01

16th Korea-China-Japan Pediatric Nephrology Seminar 2018

4月14日、16th Korea-China-Japan Pediatric Nephrology Seminar 2018が韓国(釜山)で開催されました。

ポスター:財津亜友子助教

「Examination of the necessity of early radiographic diagnosis of acute focal bacterial nephritis(AFBN) in pediatric urinary tract infection」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.