医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2018-09-28

第36回日本小児心身医学会学術集会が行われました。

第36回日本小児心身医学会学術集会が行われました。

シンポジウム『子どもの発達をむしばむネットゲーム依存』の司会を

永光先生が担当しました。

READ MORE

2018-09-25

小児科フットサル

久しぶりに小児科フットサル部で集まりました。

医学生、看護師、小児科医など毎回15~20名が集まっています。最高齢者は、、、、山下主任教授です。

昨夜もすばらしいゴールを決めました。

前回は、30度を超える中、過酷な試合でしたが、今回は大分涼しくなりました

体動かしたい方、ご参加をお待ちしています。連絡は、屋宮まで。 

READ MORE

2018-09-21

柳川療育センター開設20周年記念講演会が開催されました。

柳川療育センター開設20周年記念講演会が開催されました。

名誉センター長(久留米大学小児科客員教授)の高嶋幸男先生が

「健やかな脳の発達とかくれた力・のびる力:あゆみと展望」と題して、

山下裕史朗久留米大学小児科学講座主任教授が、

「発達障害診療と療育:過去10年をふりかえって」

というタイトルで講演しました。多職種にわたる160名の参加がありました。
 

READ MORE

2018-09-18

第85回日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

第85回日本小児神経学会九州地方会が久留米大学が主幹で行われました。

九州の小児神経に関わる医師のほとんどが集まり、

難しい症例を30分かけてディスカッションする面白い学会です。

久留米からは須田正勇先生が症例提示しました。

当日は筑後川花火大会と重なり、混乱を危惧していましたが、

多くの関係者に手伝って頂き、事務局としても滞りなく進めることができました。

READ MORE

2018-09-11

『久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室』開設記念講演会のお知らせ。

『久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室』開設記念講演会が行われます。

日時:9月20日(木)14:00~15:15

会場:久留米シティプラザ中会議室(〒830-0031 久留米市六ツ門町8-11

 

■プログラム

14:00~開会・挨拶(受付13:15~)

14:10~講演

14:10~『妊娠のビタミンDについて』 理化学研究所発達障害データ多層総合ユニット ユニットリーダー 小西行郎

14:25~『ビタミンD不足と小児の発育・発達』 久留米大学医学部小児科学講座主任教授 山下裕史朗

14:40~『小児のビタミンD代謝異常メカニズムの解明』 久留米大学医学部小児科学講座講師 八ツ賀秀一

14:55~質疑応答

 

ご参加のお申し込みは下記へご入力をお願い致します。

https://www.fbv.fukuoka.jp/news20180920

READ MORE

2018-09-04

くるめSummer Treatment Programが開催されました。

第14回くるめSummer Treatment Programが久留米特別支援学校で開催されました。

北米以外では久留米で初めてスタートし、14年間で316名のADHD児と家族が参加されました。

医療、心理、教育が協働し、子どもたちの行動改善はもちろん、

関わった学生やスタッフ教育、研究に多大な貢献をしてきました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 1月小児科Grand Rounds
  • 〔1月4日(火)〕
    第一部:「小児医薬品開発ネットワークと国際連携」
    第二部:「小児臨床薬理学の基礎知識」
    中村 秀文先生(国立成育医療治療研究センター)
    キーワード: 小児薬理学、小児医薬品開発、国際連携
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月11日(金)〕
    「ミトコンドリア病の遺伝子診断・治療薬・体外診断薬・遺伝子治療の過去・現在・未来」
    田中 雅嗣先生(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
    キーワード:mtDNA, SmaI, Pyruvate, GDF15, mitoRGEN/AsCpf1
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月18日(金)〕
    「私たちは、こういう診療をしています(血液、感染症)」
    血液G:大石先生、感染症G:屋宮先生
    キーワード:大学での実際の診療、各疾患のup to date、関連病院との連携強化
    (進行:籠手田 雄介)
  • 〔1月25日(金)〕
    「マイコプラズマ感染症とトラベルクリニックの最近の話題」
    尾内 一信先生(川崎医科大小児科教授)
    キーワード:マイコプラズマ、耐性率、ミキシング、適正使用、東京2020
    (進行:後藤 憲志先生)
  • 〔2月1日(金)〕
    福岡地方会予演会
  • 〔2月8日(金)〕
    実験心理学 Dr.Monique Phaltz(Switzeland)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.