医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-01-29

病棟医旅行

 

久留米大学小児科病棟の研修医・専修医たちとスタッフで、毎年恒例の病棟医旅行に行ってきました。

今年は佐賀県の古湯温泉に1泊してきました。おいしい食事の後に温泉に入って夜遅くまでゲームしました。団結力がさらにパワーアップしました!!

皆で、冬の病棟を乗りきるぞー!!

READ MORE

2016-01-27

鳥栖タオル帽子の会からサンタ帽子を頂きました

 

12月25日、山下裕史朗教授がサンタクロースの帽子をかぶって小児科病棟の教授回診をしました。

「鳥栖タオル帽子の会」からたくさんのかわいい帽子をご寄贈いただき、教授回診のときに山下サンタから患者さんへ帽子をプレゼントしました。患者さんたちはとてもよろこんでいました!ありがとうございました!!

READ MORE

2016-01-25

Molecular Mitochondria -Joint Seminar of Young Finnish-Japanese Mitoscientists

 

10月5〜8日、フィンランド・ヘルシンキで、Molecular Mitochondria -Joint Seminar of Young Finnish-Japanese Mitoscientistsが開催されました。

 

Public seminar

八ツ賀秀一助教

「GDF15 as a useful biomarker for mitochondrial disorders」

 

口演

八ツ賀秀一助教

「Development of biomarkers for mitochondrial disorders」

 

日本からは、九州大学、東京大学、筑波大学、久留米大学などから10人の若手ミトコンドリア研究者が出席しました。フィンランドからも12人の若手ミトコンドリア研究者が出席、合同で最新のミトコンドリア研究について討論してきました。参加者全員の演題発表がありました。口演は1演題40分、ディスカッションも長く濃厚な時間を過ごすことができました。Public seminarでは、日本から4人が代表して、ヘルシンキ大学で各30分の講演を行いました。

 

次世代による今後の両国のミトコンドリア研究に注目です。

READ MORE

2016-01-22

水落建輝助教が優秀演題賞を受賞

 

第42回胆道閉鎖症研究会で、水落建輝助教の演題「InflammasomeとIL-1シグナルは胆道閉鎖症の肝胆管傷害に関与する」が優秀演題賞を受賞しました。小児科医の参加はわずかでしたが、発表演題(研究)が高く評価されました。

READ MORE

2016-01-20

第42回胆道閉鎖症研究会

 

11月7日、東京で第42回胆道閉鎖症研究会が開催されました。

 

口演

水落建輝 助教

「InflammasomeとIL-1シグナルは胆道閉鎖症の肝胆管傷害に関与する」

 

会場は東京大学敷地内にある山上会館でした。胆道閉鎖症という1つの疾患のみディスカッションする研究会ですが、日本は欧米に比べ患者数が多い事、術式は日本人が考案したこと(葛西手術)、世界で最多の小児肝移植適応疾患であること、以上の理由もあり42回と歴史が古く、多くの小児外科医・移植外科医の参加がありました。

READ MORE

2016-01-18

八ツ賀秀一助教の論文がアクセプト

 

八ツ賀秀一助教の論文、「Growth differentiation factor 15 as a useful biomarker for mitochondrial disorders」がAnnals of Neurology(IF=9.977)に掲載されました。

ミトコンドリア病のバイオマーカーは、2011年にSuomalainenらによってFGF21が新規で見つけました。今回の我々が見つけたGDF15は、感度・特異度が90%以上の大変すぐれたバイオマーカーです。ミトコンドリア病の新しい診断ツールとしてだけでなく、重症度判定にも使用できる可能性が示唆されております。
いくつかの課題もあり、今後の研究でそれらを明らかにしていきたいと考えています。

READ MORE

2016-01-15

AHA 2015

 

11月7〜11日、米国・オーランドでAHA 2015(American Heart Association)が開催されました。

 

ポスター

須田憲治准教授

「Aortic Inflammation Continues in Patients with A History of Kawasaki Disease and Persistent ArterialAneurysms」

 

ニューヨーク経由で参加してきました。往路のニューヨークでは、須田憲治准教授がNew York UniversityのPediatric Cardiologyのfellowに、朝7:30から「Pitfalls in the diagnosis and management of acute Kawasaki disease」と題して20分間講義し、その後Cardiac PICUの回診に参加しました。我々が共同演者である演題「Severity Assessment of Coronary artery aneurysm by Z-score of the internal diameter in Kawasaki disease」が三浦大先生(東京都立小児医療センター)により発表されました。

秋のニューヨークは予想外に暖かく、セントラルパークは素晴らしい紅葉でした。また、オーランドは天候不順でしたが、外は最高気温30度弱にも関わらず、海外学会らしく強力な冷房のせいで学会会場内はfreezing coldでした。多いに刺激を受けた1週間でした。不在の間、病棟を守って頂きました先生方に深謝致します。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.