医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-03-29

第2回日本小児内分泌学会九州地方会が開催されました。

北九州市で第2回日本小児内分泌学会九州地方会が開催されました。

口演

喜多村美幸 助教 『当科における多飲・多尿を主訴とする患者の頻度、転帰』

READ MORE

2019-03-26

小児科学会福岡地方会が開催されました。

小児科学会福岡地方会が開催され、演題3つ、座長2つをこなしました。

津村先生、三宅先生は、地方会デビューを華々しく飾りました。

 

■演者

海野聡子 助教 『当科における小児2型糖尿病の治療成績』

津村直弥 先生 『党員における小児機能性ディスペプシアの臨床像』

三宅亮輔 先生 『遺伝子型emm4A群溶連血性レンサ球菌が検出された侵襲性溶連菌感染症の1例』

 

■座長

屋宮清仁 助教:感染症①

河野剛 先生(聖マリア病院):救急

 

 

READ MORE

2019-03-22

原著論文が掲載されました。

原田英明講師の原著論文である

『Visual Function Scale for Identification of Infants with Low Respiratory Compliance』

がPediatrics & Neonatologyに掲載されました。

気管挿管チューブの抜管前の肺機能と抜管後の臨床呼吸症状を比較することにより、

臨床症状から肺機能を予測するスコアリングシステムを作成しました。

READ MORE

2019-03-19

海外医療支援に参加しました。

循環器グループチーフ須田憲治教授が、ミャンマー国の首都ヤンゴン市ヤンキンこども病院で、

「あけみちゃん基金」の支援に基づく海外医療支援に1週間参加しました。

今回も、多数の心臓病のお子さんの治療方針決定と、24例のカテーテル治療の指導・支援を行いました。

(写真は産経新聞社提供)
 

READ MORE

2019-03-15

論文が掲載されました。

石原 潤先生の症例報告英文

『Infantile-onset inflammatory bowel disease in a patient with Hermansky -Pudlak syndrome: a case report』 

BMC Gastroenterology(IF=2.731)に掲載されました。

READ MORE

2019-03-12

ジュニアレジデント三浦真理子先生に聞きました!

1. なぜ小児科医になったのですか?

小児科は生まれてから大人になるまでの成長段階をみることができ、

病気だけでなく発達のことも勉強できる分野だと思ったからです。


2. 出身大学はどこですか?

杏林大学です。

 

3. 学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

中高の先輩方が多く進学されている大学という印象です。


4. なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

サブスペシャリティとして思春期医学(心身症や不登校)を学びたいと考えたからです。


5. 久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

教科書でしかみたことのない代謝疾患の子が多い印象です。症例の種類としては豊富だと思います。

READ MORE

2019-03-08

ジュニアレジデント三宅亮輔先生に聞きました!

1.なぜ小児科医になったのですか? 

子供が好きだからです。 

       

2.出身大学はどこですか?

久留米大学です。

 

3.学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

多くの先輩たちが働いており、親近感がわいていました。

 

4.なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

.学生の時に病院実習をさせていただいたすごく時に、色々教えて頂いたことが印象に残っており、

先生方の話を聞き、是非久留米大学の小児科で後期研修をしたいと思い、入局を決めました。

 

5.久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

先生方がとても熱心に指導をして下さっていて毎日充実しています。

久留米大学の小児科は専門グループが多岐に渡っており幅広く、

万遍なく様々な疾患を学べるので非常に勉強になります。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
  • 〔7月5日(金)〕★配信未定
    演題:「Role of CRBN, a novel AMPK regulator, in heart and mitochondria」
    演者:Prof. Hyong Kim
    National Research Laboratory for Mitochondrial Signaling Professor and Chair, Department of Physiology, College of Medicine, Inje University Director, Cardiovascular and Metabolic Disease Center, Inje University
    キーワード:CRBN, heart, mitochondria, Calcium channel, energy metabolism
    (進行:古賀 靖敏)
  • 〔7月12日(金)〕★配信あり
    演題:「輸液再考 低張液輸液は毒?」
    演者:島 さほ先生(久留米大学小児科シニアレジデント)
    キーワード:輸液、医原性低Na血症、維持輸液量
    (進行:田中 征治)
  • 〔7月19日(金)18:30~〕★配信あり(個人情報の取り扱いにはご注意ください)
    演題:「遺伝性骨疾患 (骨異形成症)のレントゲン診断の基礎」
    演者:西村 玄先生(武蔵野陽和会病院 放射線科 医長)
    キーワード:skeletal dysplasia、radiodiagnosis、bone dysplasia family
    (進行:渡邉 順子)
  • 〔7月26日(金)〕休会
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.