医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-03-29

第2回日本小児内分泌学会九州地方会が開催されました。

北九州市で第2回日本小児内分泌学会九州地方会が開催されました。

口演

喜多村美幸 助教 『当科における多飲・多尿を主訴とする患者の頻度、転帰』

READ MORE

2019-03-26

小児科学会福岡地方会が開催されました。

小児科学会福岡地方会が開催され、演題3つ、座長2つをこなしました。

津村先生、三宅先生は、地方会デビューを華々しく飾りました。

 

■演者

海野聡子 助教 『当科における小児2型糖尿病の治療成績』

津村直弥 先生 『党員における小児機能性ディスペプシアの臨床像』

三宅亮輔 先生 『遺伝子型emm4A群溶連血性レンサ球菌が検出された侵襲性溶連菌感染症の1例』

 

■座長

屋宮清仁 助教:感染症①

河野剛 先生(聖マリア病院):救急

 

 

READ MORE

2019-03-22

原著論文が掲載されました。

原田英明講師の原著論文である

『Visual Function Scale for Identification of Infants with Low Respiratory Compliance』

がPediatrics & Neonatologyに掲載されました。

気管挿管チューブの抜管前の肺機能と抜管後の臨床呼吸症状を比較することにより、

臨床症状から肺機能を予測するスコアリングシステムを作成しました。

READ MORE

2019-03-19

海外医療支援に参加しました。

循環器グループチーフ須田憲治教授が、ミャンマー国の首都ヤンゴン市ヤンキンこども病院で、

「あけみちゃん基金」の支援に基づく海外医療支援に1週間参加しました。

今回も、多数の心臓病のお子さんの治療方針決定と、24例のカテーテル治療の指導・支援を行いました。

(写真は産経新聞社提供)
 

READ MORE

2019-03-15

論文が掲載されました。

石原 潤先生の症例報告英文

『Infantile-onset inflammatory bowel disease in a patient with Hermansky -Pudlak syndrome: a case report』 

BMC Gastroenterology(IF=2.731)に掲載されました。

READ MORE

2019-03-12

ジュニアレジデント三浦真理子先生に聞きました!

1. なぜ小児科医になったのですか?

小児科は生まれてから大人になるまでの成長段階をみることができ、

病気だけでなく発達のことも勉強できる分野だと思ったからです。


2. 出身大学はどこですか?

杏林大学です。

 

3. 学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

中高の先輩方が多く進学されている大学という印象です。


4. なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

サブスペシャリティとして思春期医学(心身症や不登校)を学びたいと考えたからです。


5. 久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

教科書でしかみたことのない代謝疾患の子が多い印象です。症例の種類としては豊富だと思います。

READ MORE

2019-03-08

ジュニアレジデント三宅亮輔先生に聞きました!

1.なぜ小児科医になったのですか? 

子供が好きだからです。 

       

2.出身大学はどこですか?

久留米大学です。

 

3.学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

多くの先輩たちが働いており、親近感がわいていました。

 

4.なぜ久留米大学小児科への入局を決めましたか?

.学生の時に病院実習をさせていただいたすごく時に、色々教えて頂いたことが印象に残っており、

先生方の話を聞き、是非久留米大学の小児科で後期研修をしたいと思い、入局を決めました。

 

5.久留米大学小児科での後期研修はどうですか?

先生方がとても熱心に指導をして下さっていて毎日充実しています。

久留米大学の小児科は専門グループが多岐に渡っており幅広く、

万遍なく様々な疾患を学べるので非常に勉強になります。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 6月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止しております。2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めます。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、会議参加の招待メールを返信させていただきます。
  • 【オンライン配信におけるセキュリティーに関して】
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにしております。
    会議参加予定の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控え下さい。
  • [6月5日(金)]★配信あり
    演題:「EndNote入門~効果的な文献収集・活用法~」
    演者:谷川 淳様 ユサコ株式会社 アカデミア事業部
    キーワード:文献収集、文献管理、引用文献の自動フォーマット
    (進行:西小森 隆太)
  • [6月12日(金)]★配信あり
    演題:「(仮)カルテの書き方、プロブレムリスト、SOE」
    演者:牛島 高介先生、島 さほ先生
    (進行:弓削 康太郎)
  • [6月19日(金)]★配信あり
    演題:「子どもの薬に関する話題」
    第一部:小児医薬品開発を取り巻く最新の話題
    第二部:小児薬物治療に役立つ薬物動態学
    演者:中村 秀文先生
    所属:国立成育医療研究センター 臨床研究センター 開発企画主幹
    キーワード:小児医薬品開発、COVID-19、至適投与量設定
    (進行:古賀 靖敏)
  • [6月26日(火)]★配信あり
    演題:「ゲノム科学を臨床に活かしていただくために:基礎研究者が「検査」をはじめて悩んでいること」
    演者:小原 収先生 かずさDNA研究所 ゲノム事業推進部 部長・副所長
    キーワード:クリニカルシーケンシング、臨床オミックス研究、検体検査
    (進行:西小森 隆太)
  • カンファランス担当:西小森 隆太/弓削 康太郎
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.