医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-09-30

第2回ゾンビNight! アスレチックリレーマラソン in 平尾台

 

8月22日、北九州で小児科マラソン部が第2回ゾンビNight! アスレチックリレーマラソン in 平尾台が開催されました。

 

当科から、前野泰樹准教授、海野光昭先生(飯塚病院)、石井隆大先生(社会保険田川病院)、井上忠先生(後期研修)、中嶋大介先生(後期研修)が出席しました。

18時から22時まで、暗い中をゾンビに追いかけられながら走り抜き、もう少しで入賞できそうでした。同門開業医、当院医療従事者も出場し、幅広い学年そして職種で楽しく親睦を深めることができました。

READ MORE

2015-09-28

1型糖尿病・ブルースカイサマーキャンプ

 

8月12〜16日、久留米市で1型糖尿病のサマーキャンプが開催され、佐々木孝子助教がフル参加しました。

 

医療従事者とボランティアの学生と一緒に、体質やカーボカウントの勉強、山登り、キャンプファイヤーなどをしました。このキャンプの間に、血糖測定ができるようになった児、小さい子の面倒が見れるようになった児など、5日間ですが各患児が成長できました。

 

READ MORE

2015-09-25

くるめSummer Treatment Program(STP)

8月10〜15日、久留米市で第11回くるめSummer Treatment Program(STP)が開催されました。

 

今年で11回目を迎え、ADHD(注意欠如多動症)学童24名が参加。それぞれの目標を達成して最終日のお楽しみ会に全員参加することができました。医療・心理・教育のスタッフおよび学生のべ100名が支援にあたりました。子どもたちの行動改善だけでなく、支援者の育成にも役立っているプログラムです。

READ MORE

2015-09-18

第79回日本小児神経学会九州地方会

 

8月2日、北九州市で第79回日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

 

口演

寺澤藍子先生(聖マリア病院)

「多臓器に症状を呈し、発達遅滞、てんかんのある4か月男児」

 

年2回、九州すべての大学が症例を持ち寄り、1症例に30分以上かけて詳細に検討する、タフですがとても勉強になる学会です。神経疾患の病歴、診察所見から鑑別疾患をあげ、検査所見と合わせて確定診断に至る臨床診断学の流れを学ぶことができます。

READ MORE

2015-09-16

第15回日本内分泌学会九州支部学術集会

8月29日、大分市にて第15回日本内分泌学会九州支部学術集会が開催されました。

 

口演

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「選択的静脈洞血サンプリングでクッシング病と診断した5歳男児例」

 

日本内分泌学会の九州地方会です。内分泌代謝内科、小児科、婦人科、産科、脳神経外科と幅広い科にまたがり、43演題の発表が2会場で行われました。専門を始めて1年未満の牛嶋先生ですが、堂々と発表され、質疑応答もしっかりできていました。

READ MORE

2015-09-14

日本赤ちゃん学会第15回学術集会

6月27〜28日、高松市で日本赤ちゃん学会第15回学術集会が開催されました。

 

座長

岩田欧介准教授:シンポジウム・脳を中心とした新生児医療

 

シンポジウム

岩田欧介准教授:シンポジスト・脳を中心とした新生児医療

READ MORE

2015-09-11

第51回日本小児循環器学会総会

7月16〜18日、東京で第51回日本小児循環器学会総会が開催されました。

 

座長

須田憲治准教授:川崎病・冠動脈・血管

前野泰樹准教授:周産期・心疾患合併妊娠

 

シンポジウム

須田憲治准教授:Interventionに必要な画像診断

「先天性はあるいは後天性血管病変のカテーテル治療における心腔内エコーの有用性」

 

口演

前野泰樹准教授

「胎児頻脈性不整脈に対する胎児治療の前方視的多施設研究指向における実際と今後の課題」

寺町陽三先生(聖マリア病院)

「当院における術後早期にカテーテル治療を施行した症例について」

 

ポスター

工藤嘉公助教

「当院施行の成人先天性心疾患へのカテーテルインターベンションの特徴」

吉本裕良助教

「川崎病二次治療としてのγグロブリン再投与とステロイドパルス併用療法の検討」

鍵山慶之先生(聖マリア病院)

「本人・母ともに抗SS-A抗体異常高値で、出生後に進行性に上大動脈拡張を認めた先天性完全房室ブロックの1乳児例」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 1月小児科Grand Rounds
  • 〔1月4日(火)〕
    第一部:「小児医薬品開発ネットワークと国際連携」
    第二部:「小児臨床薬理学の基礎知識」
    中村 秀文先生(国立成育医療治療研究センター)
    キーワード: 小児薬理学、小児医薬品開発、国際連携
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月11日(金)〕
    「ミトコンドリア病の遺伝子診断・治療薬・体外診断薬・遺伝子治療の過去・現在・未来」
    田中 雅嗣先生(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
    キーワード:mtDNA, SmaI, Pyruvate, GDF15, mitoRGEN/AsCpf1
    (進行:古賀 靖敏先生)
  • 〔1月18日(金)〕
    「私たちは、こういう診療をしています(血液、感染症)」
    血液G:大石先生、感染症G:屋宮先生
    キーワード:大学での実際の診療、各疾患のup to date、関連病院との連携強化
    (進行:籠手田 雄介)
  • 〔1月25日(金)〕
    「マイコプラズマ感染症とトラベルクリニックの最近の話題」
    尾内 一信先生(川崎医科大小児科教授)
    キーワード:マイコプラズマ、耐性率、ミキシング、適正使用、東京2020
    (進行:後藤 憲志先生)
  • 〔2月1日(金)〕
    福岡地方会予演会
  • 〔2月8日(金)〕
    実験心理学 Dr.Monique Phaltz(Switzeland)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.