医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2018-07-31

第29回日本夜尿症学会学術集会に参加しました。

第29回日本夜尿症学会学術集会が横浜で開催されました。

◆座長

田中征治 助教

◆口演

田中征治 助教 『一次性夜尿症の治療中に甲状腺機能亢進症を併発していた成人例』

江崎拓也 助教 『膀胱用超音波画像診断装置「LiliumR -200」を用いた夜尿症児の夜間排尿評価』

当科の腎・泌尿器外来には夜尿症の患者様がたくさん通院されている中で、

臨床に役立つ多くの内容を吸収することができました。日々の診療に役立てて参ります。

READ MORE

2018-07-27

最優秀論文賞を受賞しました。

消化器グループの江田慶輔先生が、2018年日本小児肝臓研究会最優秀論文賞(白木賞)を受賞し、

仙台で開催された第35回日本小児肝臓研究会で受賞講演を行いました。

受賞論文
「Zinc monotherapy for young children with presymptomatic Wilson disease:
 A multicenter study in Japan」
J Gastroenterol Hepatol 2018;33:264-269

 

READ MORE

2018-07-24

第35回日本小児肝臓研究会が開催されました。

第35回日本小児肝臓研究会が仙台で開催され、消化器グループの6名が参加しました。


◆座長

水落建輝 講師

◆口演
小西健一郎 助教 『オキシステロールは小児急性肝不全のバイオマーカーとなりうるか?: a pilot study』

坂口廣高 助教 『特徴的な十二指腸液検査所見を認めた新生児Dubin-Johnson症候群の1例』

READ MORE

2018-07-20

第54回日本周産期・新生児医学会学術集会に参加致しました。

第54回日本周産期・新生児医学会学術集会が東京の国際フォーラムで開催されました。

当教室からは2演題の発表をこなしました。

◆木下正啓 助教 『極低出生体重児における超音波検査所見を用いた消化予備能力の評価』

◆盛崎俊浩 先生 『アクチグラフは新生児の睡眠・覚醒を予測できるか:PSGによるバリデーション』

READ MORE

2018-07-17

七夕会を行いました。

病棟七夕会を行いました。

入局1年目の先生による手品です。みんな楽しんでくれたかな?

みんなの願い事が叶いますように☆

READ MORE

2018-07-13

第54日本小児循環器学会が開催されました。

第54回日本小児循環器学会が横浜で開催されました。

当科からは、須田、籠手田、岸本、寺町、吉本、前田、桑原、聖マリア病院から前野、家村、鍵山、

大牟田市立病院から島、後期研修医の清松、井手、津田の14人が参加しました

ビデオライブ1、口演6、ポスター8演題の15演題を発表しました。

後期研修医もそれぞれ臆すること無く発表してきました。

特に病み上がりの清松先生はパネルディスカッションで立派な発表でした。

READ MORE

2018-07-10

第53回日本小児腎臓病学会学術集会が開催されました。

第53回日本小児腎臓病学会学術集会が福島で開催されました。

当科腎・泌尿器グループ全員で参加し、大いに刺激を受けた学会でした。

5演題(口演4演題、ポスター1演題)の発表を行いました。

◆口演

久留米大学小児科 田中征治 助教  『難治性ネフローゼにおけるRTX投与後のB細胞の再構成の検討』

久留米大学小児科 財津亜友子 助教 『ADPKDとLiddle症候群様所見を伴うPKD2のlarge deletion変異の1例』

聖マリア病院小児科 倉田悟子 先生 『伊藤白斑にCAKUTを合併した2例』

社会保険田川病院 荒木潤一郎 先生 『小児尿路感染症患者における急性層状細菌性腎炎(AFBN)の早期画像診断の必要性に関する検討』

◆ポスター

久留米大学小児科 江崎拓也 助教  『リツキシマブ療法後に著明な免疫グロブリン低下を認めたANCA関連腎炎乳児例の免疫学的解析』

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 2月2日(金)★配信あり
    演題:「学会発表のいろは」
    演者:久留米大学小児科教授 須田 憲治 先生
    キーワード:スライド作り、パワーポイント、症例報告
    (進行:前田 靖人)
  • 2月9日(金)★配信あり
    演題:「小児希少疾病領域の医療評価のポイントと今後の推進」
    演者:国立成育医療研究センター 研究開発監理部 開発企画主幹 中村 秀文 先生
    キーワード:小児希少疾患、ドラッグラグ、治療開発
    (進行:山下 裕史朗)
  • 2月16日(金)配信なし
    第524回 小児科学会福岡地方会 予演会
    (進行:屋宮 清仁)
  • 2月23日(金)
    祝日(天皇誕生日)のため休会

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    寺町 陽三
    temple_town@kurume-u.ac.jp
    屋宮 清仁
    okumiya_kiyohito@kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.