医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2020-01-31

原著論文が掲載されました。

聖マリア病院小児循環器科 鍵山慶之先生の原著論文がJournal of Cardiologyに掲載されました。

『Growth differentiation factor 15 as a useful biomarker of heart failure

in young patients with unrepaired congenital heart disease of left to right shunt』

 

 

READ MORE

2020-01-28

毎年恒例、女医新年会が行われました。

小児科女医会の新年会を開催しました。

毎年恒例の医局行事であり、新入局員の先生からベテラン先生方まで総勢21名の参加がありました。

当医局の特徴である、ママ女医さんのキャリアアップ支援の一環として、様々なライフステージに立つ小児科医が集い、

情報交換や近況報告を行うことを目的として毎年開催しています。

また、今回は特別ゲストとして同門会長にもご臨席賜り、和やかな会となりました。

READ MORE

2020-01-24

Raising ZEPHYR Fukuokaの加納誠也選手が小児科病棟に訪問されました。

プロバスケットボールチームRaising ZEPHYR Fukuokaの加納誠也選手が

小児科病棟に訪問されました。

身長196cm!!病棟の子供たちもビックリでした。

病棟の子供たちだけでなく、私たちにも元気を分けて下さいました。

ありがとうございました。みんなでバスケットボールを応援しましょう!!

READ MORE

2020-01-21

日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

日本小児神経学会 九州地方会が福岡大学で開催されました。

ジュニアの徳富謙太郎先生が立派な発表をしていただけました。

とても難しい症例を堂々とした姿勢で発表していました。

READ MORE

2020-01-17

カテーテル治療に関する学会がベトナムで開催されました。

ベトナムで開かれたカテーテル治療に関する学会に、

須田憲治教授、籠手田雄介助教、鍵山慶之医師の3人で参加してきました。

毎年テーマが変わり、今年は『Unconventional intervention』という

面白いテーマでプログラムが組まれました。

鍵山医師が口演発表を行い、須田教授が講演を行いました。

今年はネパールからのライブもあり、アジアでのカテーテル治療がどんどん広がっているのを肌で感じました。

 

た、昨年11月に95歳で亡くなった、ミネソタ大学放射線科Kirt Amplatz名誉教授の業績に関する発表がありました。

現在、我々の使っている、カテーテルやガイドワイヤー、心房中隔欠損症や動脈管開存症などの

治療器具を開発された天才で、先天性心疾患を含むカテーテル治療の発展に多大な貢献をされました。

ご冥福を祈ります。

READ MORE

2020-01-10

イギリスケンブリッジ大学でMitochondrial Medicine2019が開催されました。

イギリスケンブリッジ大学でMitochondrial Medicine2019が開催され、

古賀靖敏教授が招待講演を行いました。

講演後に、サンガー研究所の講堂でパネル討論が行われた時の写真です。

GDF15の話をしました。90%の質問が古賀教授に集中。関心の高さを示しています。

King's Collegeでのお城でのディナーは、最高でした。

ケンブリッジ大学の教授が横に座って、歴史など説明してくれました。

 

 

READ MORE

2020-01-07

第46回日本胆道閉鎖症研究会が開催されました。

第46回日本胆道閉鎖症研究会が広島市で開催されました。

胆道閉鎖症は小児消化器・小児外科分野の代表的な難治性肝疾患ですが、

当科の消化器グループでは、「胆道閉鎖症のバイオマーカーの探索研究」を

全国の中心施設として行っているため、特別講演と一般演題で最新の研究成果を報告しました。

 

特別講演

水落建輝 講師

新生児胆汁うっ滞症の鑑別法と胆道閉鎖症の早期診断バイオマーカー』

 

一般演題口演

小西健一郎 助教

胆道閉鎖症におけるオキシステロール及び胆汁酸分析の有用性~a pilot study~』

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [2月7日(金)]★配信あり
    演題:「自己炎症症候群の新しい展開」
    演者:井田 弘明先生 久留米大学リウマチ膠原病内科
    キーワード:自己炎症、不明熱、インフラマソーム
    (進行:西小森 隆太)
  • [2月14日(金)]★配信あり
    演題:「子どもの頭部外傷診療と求められる虐待危急対応」
    演者:神薗 淳司先生 北九州市立八幡病院 小児救急・小児総合医療センター 小児科主任部長・同センター長
    キーワード:軽症頭部外傷診療、PECARN (pediatric emergency care applied research network)、AHT (abuse head trauma)、SBS (shaken baby syndrome)
    (進行:西小森 隆太/弓削 康太郎)
  • [2月21日(金)]★配信あり
    演題:「自立が困難な子どもたちの移行支援を考える」
    演者:大矢 崇志先生 飯塚病院小児科
    キーワード:重症心身障害児、トランジッション外来、在宅療養支援診療所
    (進行:弓削 康太郎)
  • [2月28日(金)]※配信なし
    演題:「小児外科のcontroversy」
    演者:藤代 準先生 東京大学小児外科 教授
    キーワード:小児手術、適応、内視鏡手術、侵襲
    (進行:水落 建輝)
  • [3月6日(金)]※配信未定
    演題:「(仮)若年性皮膚筋炎またはIPEX症候群などの話題」
    演者:小林一郎先生 北海道大学小児科
    (進行:西小森 隆太)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.