医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2020-01-31

原著論文が掲載されました。

聖マリア病院小児循環器科 鍵山慶之先生の原著論文がJournal of Cardiologyに掲載されました。

『Growth differentiation factor 15 as a useful biomarker of heart failure

in young patients with unrepaired congenital heart disease of left to right shunt』

 

 

READ MORE

2020-01-28

毎年恒例、女医新年会が行われました。

小児科女医会の新年会を開催しました。

毎年恒例の医局行事であり、新入局員の先生からベテラン先生方まで総勢21名の参加がありました。

当医局の特徴である、ママ女医さんのキャリアアップ支援の一環として、様々なライフステージに立つ小児科医が集い、

情報交換や近況報告を行うことを目的として毎年開催しています。

また、今回は特別ゲストとして同門会長にもご臨席賜り、和やかな会となりました。

READ MORE

2020-01-24

Raising ZEPHYR Fukuokaの加納誠也選手が小児科病棟に訪問されました。

プロバスケットボールチームRaising ZEPHYR Fukuokaの加納誠也選手が

小児科病棟に訪問されました。

身長196cm!!病棟の子供たちもビックリでした。

病棟の子供たちだけでなく、私たちにも元気を分けて下さいました。

ありがとうございました。みんなでバスケットボールを応援しましょう!!

READ MORE

2020-01-21

日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

日本小児神経学会 九州地方会が福岡大学で開催されました。

ジュニアの徳富謙太郎先生が立派な発表をしていただけました。

とても難しい症例を堂々とした姿勢で発表していました。

READ MORE

2020-01-17

カテーテル治療に関する学会がベトナムで開催されました。

ベトナムで開かれたカテーテル治療に関する学会に、

須田憲治教授、籠手田雄介助教、鍵山慶之医師の3人で参加してきました。

毎年テーマが変わり、今年は『Unconventional intervention』という

面白いテーマでプログラムが組まれました。

鍵山医師が口演発表を行い、須田教授が講演を行いました。

今年はネパールからのライブもあり、アジアでのカテーテル治療がどんどん広がっているのを肌で感じました。

 

た、昨年11月に95歳で亡くなった、ミネソタ大学放射線科Kirt Amplatz名誉教授の業績に関する発表がありました。

現在、我々の使っている、カテーテルやガイドワイヤー、心房中隔欠損症や動脈管開存症などの

治療器具を開発された天才で、先天性心疾患を含むカテーテル治療の発展に多大な貢献をされました。

ご冥福を祈ります。

READ MORE

2020-01-10

イギリスケンブリッジ大学でMitochondrial Medicine2019が開催されました。

イギリスケンブリッジ大学でMitochondrial Medicine2019が開催され、

古賀靖敏教授が招待講演を行いました。

講演後に、サンガー研究所の講堂でパネル討論が行われた時の写真です。

GDF15の話をしました。90%の質問が古賀教授に集中。関心の高さを示しています。

King's Collegeでのお城でのディナーは、最高でした。

ケンブリッジ大学の教授が横に座って、歴史など説明してくれました。

 

 

READ MORE

2020-01-07

第46回日本胆道閉鎖症研究会が開催されました。

第46回日本胆道閉鎖症研究会が広島市で開催されました。

胆道閉鎖症は小児消化器・小児外科分野の代表的な難治性肝疾患ですが、

当科の消化器グループでは、「胆道閉鎖症のバイオマーカーの探索研究」を

全国の中心施設として行っているため、特別講演と一般演題で最新の研究成果を報告しました。

 

特別講演

水落建輝 講師

新生児胆汁うっ滞症の鑑別法と胆道閉鎖症の早期診断バイオマーカー』

 

一般演題口演

小西健一郎 助教

胆道閉鎖症におけるオキシステロール及び胆汁酸分析の有用性~a pilot study~』

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 2月2日(金)★配信あり
    演題:「学会発表のいろは」
    演者:久留米大学小児科教授 須田 憲治 先生
    キーワード:スライド作り、パワーポイント、症例報告
    (進行:前田 靖人)
  • 2月9日(金)★配信あり
    演題:「小児希少疾病領域の医療評価のポイントと今後の推進」
    演者:国立成育医療研究センター 研究開発監理部 開発企画主幹 中村 秀文 先生
    キーワード:小児希少疾患、ドラッグラグ、治療開発
    (進行:山下 裕史朗)
  • 2月16日(金)配信なし
    第524回 小児科学会福岡地方会 予演会
    (進行:屋宮 清仁)
  • 2月23日(金)
    祝日(天皇誕生日)のため休会

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    寺町 陽三
    temple_town@kurume-u.ac.jp
    屋宮 清仁
    okumiya_kiyohito@kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.