医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-08-30

第3回小児神経・児童思春期精神医学夏季セミナー九州大会を主催致します。

第3回小児神経・児童思春期精神医学夏季セミナー九州大会を主催致します。

■日時:2019年9月28日(土)~29日(日)

■会場:アミティ由布高原 湯布院セミナーハウス

奮ってご参加下さい。

 

 

READ MORE

2019-08-27

第87回九州小児神経地方会が大分で開催されました。

第87回九州小児神経地方会が大分で開催されました。

この地方会は,症例毎に30分程度、診断や治療について若手やエキスパートが指名され意見を求められたり、

皆で議論するユニークな会です。

当科からは山川祐輝先生が症例を発表しました。

『乳児期に体重増加不良・特異顔貌・側弯を認めけいれんを発症した11歳男児』

弓削康太郎助教が座長をしました。

当科からは山下裕史朗主任教授,八戸由佳子助教、

聖マリア病院から松石豊次郎先生、須田正勇先生,大分こども病院から阪田健祐先生が参加し

大変盛況な会となりました。

 

READ MORE

2019-08-23

ラジオの収録を行いました。9/24放送です。

山下裕史朗主任教授がラジオの収録を行いました。

ラジオNIKKEI

番組名:小児科診療UP-to-DATE

テーマ:ADHDとくるめSTP(サマートリートメントプログラム)

放送予定日:2019年9月24日(水)21時~21時15分

皆様、是非お聴き下さい。

READ MORE

2019-08-20

第11回 KOCS 小児リウマチ研究会が開催されました。

第11回 KOCS 小児リウマチ研究会が開催されました。

大牟田市立病院 平田衣乃先生が症例報告を見事に行いました。

田中征治講師、西小森隆太准教授も参加しました。

一般演題 平田衣乃:巨大冠動脈瘤を伴う川崎病症状で発症したEBV血管炎の1例

いつもながら困難症例のオンパレードで大変勉強になりました。

情報交換会のあと、2次会、最後に締めの博多ラーメンとお決まりのコースで終了。

各施設の垣根をこえ、小児リウマチ分野での診療向上に向けた交流ができました。
 

READ MORE

2019-08-16

第33回日本小児救急医学会学術集会が行われました。

埼玉県大宮市にて第33回日本小児救急医学会学術集会が行われました。

大分こども病院出向中の東陽三先生がポスター発表をしました。

『出血性ショックに至った下顎棒静脈奇形の一例』

READ MORE

2019-08-13

ESPGHAN 2019(欧州小児消化器学会)に参加しました。

ESPGHAN 2019(欧州小児消化器学会)がスコットランドのグラスゴーで開催されました。

ポスター

小西健一郎 助教

Genetic features of congenital chloride diarrhea: a nationwide survey in Japan』

欧州の施設から国際多施設共同研究の御誘いを受けました。

READ MORE

2019-08-09

第55回日本小児循環器学会が開催されました。

札幌で行われた第55回日本小児循環器学会に参加してきました。

久留米からは14演題を発表しました。

後期研修医若手の清松、井手、津田先生、加えて初期研修医の大武先生も立派に発表されました。

情報交換会は皆さんの予想通りサッポロビール園で賑やかに開催されました。

梅雨のない北海道ですが、思いの外寒く、学会場の周りには何も無かったので、

えって皆さん学会場に閉じこもり熱心に参加していました。

尚、須田憲治教授は九州地区代表として本学会の理事に加わりました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 9月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔9月6日(金)〕★配信あり
    演題:新生児低酸素性虚血性脳症の克服へ(バイオマーカーの発見から臨床応用へ)
    演者:伊藤 雅之先生 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部・室長
    キーワード:新生児低酸素性虚血性脳症、LOX-1、重症度分類、低体温療法
    (進行:山下 裕史朗)
  • 〔9月13日(金)〕★配信あり
    演題:「小児急性脳症に対する脳保護療法」
    演者:河野 剛先生 聖マリア病院小児科
    (進行:弓削 康太郎)
  • 〔9月 20日(金)〕★配信あり
    演題:「新しい時代の血友病治療と課題~血友病は男性だけの疾患ではありません」
    演者:松尾 陽子先生 久留米大学小児科
    キーワード:個別化治療、周産期管理、血友病保因者
    (進行:中川 慎一郎)
  • 〔9月27日(金)〕★配信あり
    演題:「19歳で人工肛門、偏差値30だった僕が医師になって考えたこと」
    演者:石井 洋介先生 医療法人社団ユニメディコ山手台クリニック院長 日本うんこ学会会長
    キーワード:潰瘍性大腸炎、行動変容、コミュニケーションデザイン
    (進行:石原 潤)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.