医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-03-30

病棟医旅行

 

3月20-21日、大学病院の病棟医達が原鶴温泉へ行ってきました。

日頃の疲れを癒し、そしてより一層の親睦を深めるよい機会となりました。

 

これからも病棟医長、副病棟医長をはじめ、病棟医一丸となって頑張ります!

READ MORE

2015-03-27

第一回ツペラツペラ ワークショップ「ジャバラ動物園をつくろう」

 

2月28日、久留米シティプラザプレ事業により、第一回ツペラツペラ ワークショップ「ジャバラ動物園をつくろう」が、くるめりあ六ツ門で開催されました。

久留米大学小児科を受診しているお子さんや兄弟児、保護者11名も招待され、思い思いの動物を描き、最後にジャバラの草原に動物を貼って記念撮影。楽しかった!来年完成の久留米シティプラザには、ツペラツペラさん設計の親子ふれあいルームもできます。小児病棟や病院学級から遠足に出かける
ことも考えています。
 
企画から、山下裕史朗教授が関わり、当日は同門の武谷茂先生も参加されました。

READ MORE

2015-03-25

小児科グランドカンファランス:女性医師支援

 

2月27日、当科グランドカンファランスで女性医師支援をテーマに講演がありました。

 

寺町麻利子助教から、復職支援のために平成18年から行っているブラシュアップセミナーについての紹介があり、発起人の武谷茂先生からも追加のコメントがありました。心臓血管内科の所属の深水亜子先生に生き生きと働き続ける環境作りをめざして」というテーマでお話しして頂きました。育児をしながら仕事が続けられるためには、柔軟に対応できる職場の環境と本人のモチベーションであるという言葉が印象的でした。学内から他科の先生のもご参加いただきました。

READ MORE

2015-03-23

工藤嘉公助教が筆頭著者の論文がアクセプト

 

工藤嘉公助教が筆頭著者の論文「Trans-pulmonary echocardiography as a guide for device closure of patent ductus arteriosus」がCatheterization and Cardiovascular Intervention(IF=2.396)に掲載されました。

 

現行の動脈管開存のカテーテル治療の際には、大動脈造影による術前検査で形態評価を行うが、成人など大きな血管では動脈管がうまく見えないことも多く、実際のデバイス留置中のデバイスと血管の関係を見る画像モニタリングツールはありませんでした。工藤嘉公助教らは7人の体重15kg以上の患者さんに対して心腔内エコーカテーテルを肺動脈内に挿入し、動脈管開存の治療中の画像モニタリングする基本断面として、主肺動脈断面と左肺動脈断面を開発しました。主肺動脈断面では、経胸壁エコーの大動脈短軸断面と同様の断面を作ることができました。左肺動脈断面では動脈管の長軸像が描出され、カテーテル治療のすべての過程をモニターすることができました。造影剤の減量や透視時間の短縮に寄与でき、腎機能不全のある高齢者などでは非常に有用であると考えます。

READ MORE

2015-03-20

第15回小児IBD研究会

 

2月8日、大阪市にて第15回小児IBD研究会が開催されました。

口演

江田慶輔助教

乳児期にWeber-Christian病と診断されたCrohn病8歳男児」

 

小児の炎症性腸疾患は、成人とは異なる側面を持ちます。小児科医、内科医、外科医、看護師や、臨床心理士など幅広い職種が集まり
症例報告からガイドラインの作成、他施設共同研究の経過など発表がありました。

READ MORE

2015-03-18

松石豊次郎主任教授退任記念祝賀会

 

3月14日、久留米市翠香園ホテルにて、松石豊次郎小児科主任教授の退任記念祝賀会が開催されました。

 

温厚な人柄で、多くの医局員を叱咤激励した松石豊次郎教授、14年間の小児科主任教授の職が今月一杯で終了します。約350名、日本全国から多くの来賓の方々、同門の先生方、医局員の先生方が集まりました。

記念講演には、松石豊次郎教授がお世話になった、埜中征哉先生がこられ、「松石先生と筋疾患研究」というタイトルで、松石豊次郎教授の若かりし時代も含め、大変興味深いお話を伺うことができました。

 

READ MORE

2015-03-16

第21回日本胎児心臓病学会

2月13-14日、東京で第21回日本胎児心臓病学会が開催されました。

 

シンポジウム:不整脈の胎児治療

前野泰樹准教授

「胎児不整脈:総論」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 3月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [3月5日(金)]★配信あり
    演題:「脊髄性筋萎縮症の早期診断と治療の進歩」
    演者:斎藤 加代子先生 東京女子医科大学遺伝子医療センターゲノム診療科
    キーワード:脊髄性筋萎縮症(SMA)、核酸医薬品、遺伝子治療
    (進行:弓削 康太郎)
  • [3月12日(金)]18時30分~★配信あり
    演題:「ライフワークとしてのミトコンドリア病の病態・治療研究」
    演者:古賀 靖敏先生
    キーワード:出会い、基礎医学研究、独創性、トランスレーショナルリサーチ、社会貢献
    (進行:山下 裕史朗)
  • [3月19日(金)]★配信あり
    演題:「~妊娠期からの児童虐待防止対策~母と子の人生を守る支援を」
    演者:鮫島 浩二先生 さめじまボンディングクリニック院長
    キーワード:特定妊婦支援、児童虐待防止、特別養子縁組
    (進行:永光 信一郎)
  • [3月22日(月)]18時30分~★配信あり
    演題:「さよならレクチャー ―構想はチャンスがくれば政策になる―」
    演者:永光 信一郎先生
    キーワード:なし
    (進行:山下 裕史朗)
  • [3月26日(金)]★配信あり
    演題:「小児の終末期・脳死をめぐる話題」
    演者:清水 直樹先生 聖マリアンナ医科大学小児科教授
    キーワード:脳死下臓器提供、ドナー管理、リエゾン精神科
    (進行:長井 孝二郎)
  • Grand Rounds オンライン配信
    COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止し、2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めています。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    ※参加を予定される先生は医局までご連絡下さい。

    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.