医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-10-30

第114回日本小児児童精神学会

10月3〜4日、仙台市で第114回日本小児児童精神学会が開催されました。

 

座長

山下裕史朗教授:イブニングセミナー「ライフステージに応じたADHDの支援」

READ MORE

2015-10-28

小児血液・がんセミナー in 九州・山口

8月2日、宮崎市で小児血液・がんセミナー in 九州・山口が開催されました。

 

座長

満尾美穂助教:教育講演2「横紋筋肉腫」

 

口演

伊藤早織助教

「寛解後約2年を経過し再発した横紋筋肉腫の1例」

 

九州・山口の各施設で小児血液腫瘍を専門に診療している医師が集まり、1日にミーティング、2日にセミナーが開催されました。3つのセッションがあり、各セッションに教育講演、その後関連症例提示、という形の発表でした。2つ目の横紋筋肉腫のセッションで、当院の症例を提示し意見をいただきました。教育講演で知識を得て、症例提示では活発な意見交換があり、大変有意義なセミナーとなりました。

READ MORE

2015-10-26

佐々木孝子助教、牛嶋規久美先生が、小児内分泌学会よりESPE Travel Award受賞

 

10月1〜3日、スペイン・バルセロナでESPE 2015(54th annual meeting of European Society for Paediatric Endoclinology)が開催されました。

佐々木孝子助教、牛嶋規久美先生(大分こども病院)が、日本小児内分泌学会より、ESPE 2015 travel award(20万円)を受賞しました。

 

今後の活躍に期待です。

READ MORE

2015-10-23

ESPE 2015

 

10月1〜3日、スペイン・バルセロナでESPE 2015(54th annual meeting of European Society for Paediatric Endocrinology)が開催されました。

 

ポスター

八ツ賀秀一助教

「A 7 month-old boy infant with spontaneous transient Graves' thyrotoxicosis」

佐々木孝子助教

「A case of ACTH resistance with generalized hyperpigmentation at birth」

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「A 5-year-old patient with Cushing's disease」

 

久留米と気温などは変わりないくらいですが、湿度が低いので大変過ごしやすい時期でした。牛嶋規久美先生は、初めての国際学会の発表でした。ポスターで2分間の発表、緊張しながらもしっかりと発表し、初めての英語での質問にもきちんと答えておりました。

READ MORE

2015-10-21

ドナルド・マクドナルドが小児科病棟を訪問

 

10月15日、ドナルド・マクドナルドが小児科病棟を訪問しました。

 

見事なジャグリングなどを披露、子どもたちは(我々も)とても喜んでいました。

READ MORE

2015-10-19

APCASH 2015

9月25〜27日、東京でAPCASH 2015(6th Asia Pacific Congenital & Stractural Heart Intervention Symposium)が開催されました。

 

パネリスト

須田憲治准教授

「Tips & Tricks for large ASD closure」

「Challenging cases for structural heart intervention: When echocardiography saves a day」

 

口演

須田憲治准教授

「Transpulmonary echocardiography to guide congenital and acquired vascular disease」

 

Faculty memberの一人として須田憲治准教授が参加しました。循環器内科の先生が運営されるStructure Club Japanという会も同時開催だったので、全国からたくさんの循環器内科の先生方が参加されました。Live demonstrationは、東邦大学、香港、ベトナムのハノイから行われました。年々、循環器内科の先生方の構造異常心疾患に対する興味もどんどん高まっているのを感じました。

READ MORE

2015-10-16

PICS-AICS 2015

 

9/18-21、米国・ラスベガスでPICS-AICS 2015が開催されました。

 

ポスター

須田憲治准教授

「Successful Device Closure of Patent Ductus Arteriosus with Trans-Pulmonary Echocardiographic Guidance Without Contrast Angiography」

 

大動脈造影をせずに心腔内エコーを用いて動脈管を閉鎖する方法を発表してきました。心血管系構造異常に対するカテーテル治療のシンポジウムもあり、大変勉強になりました。

ライブケースがたくさん行われていましたが、アルゼンチン、サウジアラビア、ブラジル、インドなどからも行われました。本邦では使用できない器具が使われたり、creativeな最先端の治療が行われていました。世界一法制度の厳しい日本のDevice Lagがどんどんひどくなるのを感じてしまいました。

 

前日は、須田憲治准教授がResearch fellowshipをしたカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)を訪問しました。スタンフォード大学がヒューレットパッカードの奥さんであるルシールの80億円の寄付を受けて小児病院を作ったように、UCSFはIT企業から500億円もの寄付を受けて、パルナサスの丘から降りて、ベイプリッジの根元に巨大な医療・研究施設を作っています。小児科もついに寄付した人の名前の付いた300床クラスのBenioffこども病院を持つことになりました。写真は恩師の一人であり、名誉教授でRudolphの教科書の共著者であるJIE Hoffman教授(90歳)です。こども病院は6か月前にできましたが、最新鋭の設備で、なんといっても驚きは箱型ロボットTUGの導入です。掃除どころか、抗がん剤を含む配薬やこどものおもちゃとかまで配送します。人を感知すると自動停止し、人がいなくなると動き始め、ドアも自動で開けます。薬はその患者の指定の看護師しか取り出せないように安全性を高めることにもつながっています。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.