医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2014-07-30

第41回日本小児内視鏡研究会

7月5日、大阪府高槻市にて第41回日本小児内視鏡研究会が開催されました。

 

口演

江田慶輔助教

「カプセル内視鏡で非典型的な小腸病変を認めたクローン病の一例」

READ MORE

2014-07-28

西村美穂助教が筆頭著者の論文がアクセプト

 

西村美穂助教が筆頭著者の論文、「Meralgia Paresthetica as a Presentation of Acute Appendicitis in a Girl with Acute Lymphoblastic Leukemia」が、Journal of Pediatric Hematology/Oncology(IF=0.973)にアクセプトされました。

 

フィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ性白血病の7歳女児。寛解導入療法中に発熱性好中球減少症を繰り返し、抗菌薬投与を行い改善を認めていた。発熱時に右下肢痛を訴えることがあったが、原因は不明であった。不明熱精査及び造血幹細胞移植前にスクリーニングで行った腹部CTで、虫垂炎の所見を認めた。経過中、虫垂炎に典型的な腹痛はなく、繰り返す発熱と右大腿外側から膝にかけての疼痛・異常感覚(触れられると嫌がる)のみであった。下肢の疼痛・異常感覚は、虫垂炎による腸腰筋膿瘍で知覚異常性大腿神経痛をきたしていたと思われた。化学療法中や免疫抑制状態の患者において、虫垂炎は典型的な症状を認めず診断に苦慮することも少なくない。繰り返す発熱に下肢痛を認めた場合は腸腰筋膿瘍を疑い、CTやエコー等腹部画像検査をする必要がある。

READ MORE

2014-07-25

本日の小児科Grand Rounds

7月25日、18時より本館小児科病棟6階のカンファレンスルームにて、Grand Roundsが行われます。日本だけでなく、世界の筋病理の先駆者、埜中征哉先生によるポンペ病の話しです。筋疾患を見る上で欠かせない「臨床のための筋病理」(日本医事新報社、2011)は、埜中先生が執筆された本です。

当科でもポンペ病の酵素補充療法を行っておりますので、より一層の理解を深めることができます。ふるってご参加下さい。

 

埜中征哉先生(国立精神・神経医療研究センター病院名誉院長)

「治療可能となった遺伝性筋疾患〜糖原病II型(ポンペ病)診断のポイント〜」

READ MORE

2014-07-24

第17回発達障害支援医学研修

7月2-3日、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所において第17回発達障害支援医学研修が行われました。東北~九州・四国まで36名の受講生(小児科・小児神経・新生児28名、精神科・児童精神科7名、看護師1名)が受講されました。「明日からの診療に役立つ実践的内容と最新の情報提供」を目指して、2日間で9名の第一線で活躍している講師が話をしました。

 

山下裕史朗教授

「ADHD児の支援:くるめSTP9年の実践から学んだこと」

READ MORE

2014-07-23

The 10th Japan-China-Korea Pediatric Heart Forum

7月3〜5日、岡山市にてThe 10th Japan-China-Korea Pediatric Heart Forumが開催されました。

 

座長

前野泰樹准教授

 

基調講演:Adult congenital heart disease, Catheter interventions

須田憲治准教授

「Haemogramic Change after transcatheter closure of patent arterial duct or atrial septal defect using Amplatzer occluders™」

READ MORE

2014-07-22

第12回周産期循環管理研究会

6月28〜29日、高知市において第12回周産期循環管理研究会が開催されました。

 

座長

前野泰樹准教授

 

シンポジウム:脳循環を理解する

廣瀬彰子助教

「脳血流評価として上大静脈血流波形は有用か?〜中大脳動脈血流と上大静脈血流の関係の検討」

READ MORE

2014-07-21

第50回日本小児循環器学会総会・学術集会

7月3〜5日、岡山市で第50回日本小児循環器学総会・学術集会が開催されました。

写真は、須田准教授が20年来の友人であるWayne Tworetzky准教授(Harvard University, Boston Children's Hospitalの胎児治療プログラムのディレクター)と懇親会での一コマ。

このような交流も学会の楽しみの一つですね!

 

座長

前野泰樹准教授、須田憲治准教授

 

教育講演:「臨床に活かす心エコー所見 術前後の心機能評価」

前野泰樹准教授

「臨床に生かす心エコー所見」

 

JCKフォーラム・APCCS:「Adult congenital heart disease, Catheter interventions」

須田憲治准教授

「Haemogramic Change after Transcatheter Closure of Patent Arterial Ductor Atrial Septal Defect Using Amplatzer Occluders™」

 

口演

廣瀬彰子助教

「胎児期における三尖弁輪移動距離(TAPSE)の臨床応用への検討」

 

ポスター

前野泰樹准教授

「2:1房室伝導を呈する胎児徐脈として紹介された正常心内構造症例の経過」

工藤嘉公助教

「川崎病を疑われた発熱疾患の冠動脈エコー所見」

岸本慎太郎助教

「当院で胎児診断された抗SS-A抗体による先天性完全房室ブロック患児の胎児期および周産期管理と経過」

寺町陽三先生(聖マリア病院)

「NTproBNPの川崎病診断における価値」

吉本裕良助教

「開心術後遠隔期に胸痛を契機に発見した上行大動脈仮性動脈瘤の1例」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 9月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔9月6日(金)〕★配信あり
    演題:新生児低酸素性虚血性脳症の克服へ(バイオマーカーの発見から臨床応用へ)
    演者:伊藤 雅之先生 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部・室長
    キーワード:新生児低酸素性虚血性脳症、LOX-1、重症度分類、低体温療法
    (進行:山下 裕史朗)
  • 〔9月13日(金)〕★配信あり
    演題:「小児急性脳症に対する脳保護療法」
    演者:河野 剛先生 聖マリア病院小児科
    (進行:弓削 康太郎)
  • 〔9月 20日(金)〕★配信あり
    演題:「新しい時代の血友病治療と課題~血友病は男性だけの疾患ではありません」
    演者:松尾 陽子先生 久留米大学小児科
    キーワード:個別化治療、周産期管理、血友病保因者
    (進行:中川 慎一郎)
  • 〔9月27日(金)〕★配信あり
    演題:「19歳で人工肛門、偏差値30だった僕が医師になって考えたこと」
    演者:石井 洋介先生 医療法人社団ユニメディコ山手台クリニック院長 日本うんこ学会会長
    キーワード:潰瘍性大腸炎、行動変容、コミュニケーションデザイン
    (進行:石原 潤)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.