医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2016-06-17

久留米市保育研修大会で山下主任教授が講演

平成28年6月12日、久留米市民会館大ホールで

「発達障がいが疑われる子どもの理解と対応のコツ」

について久留米市の全保育園幼稚園の先生方に講演した。

30年以上続く研修会で800名が参加、発達障がいに優しい

保育士を目指して、熱心に耳を傾ける先生方に感心した。

READ MORE

2016-06-10

ESPGHAN Annual Meeting 2016で高木祐吾 助教が発表。

ESPGHAN Annual Meetingとは、ヨーロッパ小児栄養消化器肝臓学会(European Society for Paediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition)が主催する年次学術集会で、今回が49回目の歴史ある国際学会です。今年はギリシャのアテネで 開催されました。ヨーロッパの国々を中心に、世界中から小児消化器肝臓医が参加します。消化器肝臓グループから水落先生と高木先生の2人が参加しポスター発表しました。演題は「A novel exonic mutation inducing aberrant splicing in the IL10RA gene and resulting in infantile-onset inflammatory bowel disease」で、高木先生は初めての国際学会参加でしたが、ポスター前に演者が立ち質問者とdiscussionする「presenters in attendance」では、国際色豊かな4人と英語で活発にdiscussionできていました。

 

 

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.