医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2019-01-29

第85回日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

第85回日本小児神経学会九州地方会(長崎大学主幹)が開催され参加ました。

九州全域から神経を専門にしている小児科医が集い、

じっくり30分かけて症例検討する珍ししい学会です。

年2回開催されています。

久留米大学からは八戸由佳子助教が症例を発表しました。

また帰りにはちゃんぽんを食べました。有意義な時間でした。

READ MORE

2019-01-25

第41回日本小児遺伝学会学術集会が開催されました。

第41回日本小児遺伝学会学術集会が名古屋で開催され、

渡邊順子准教授、木下正啓助教、福井香織助教が参加しました。

ポスター:木下正啓 助教

『全エキソーム解析により KAT6A 変異を同定した精神遅滞の1例』
 

READ MORE

2019-01-22

第502回日本小児科学会福岡地方会例会が行われました。

第502回日本小児科学会福岡地方会例会が行われました。

後期研修医の東先生は地方会発表デビュー戦でした。

■口演:

井上忠 先生

『薬物誘発試験を行確定診断した冠攣縮性狭心症(CSA)の12歳女児例』

東陽三 先生

『側腹部痛を繰り返した間欠性水腎症の1例』

■座長:

籠手田雄介 助教(循環器部門)

福井香織 助教(先天代謝異常部門)

READ MORE

2019-01-18

日本小児精神神経学会第120回記念大会が開催されました。

日本小児精神神経学会第120回記念大会が東京で開催されました。

イブニングセミナーで、宮尾益知先生のご講演

『ADHDの治療~病態と薬理学的立場から臨床を考える~』

の座長を山下裕史朗主任教授が努めました。

記念大会のテーマは、『子どものトラウマ~再認識されるべき心の問題~』

今後、トラウマ予防・治療介入が小児科医にとって大きな課題になると考えられます。

READ MORE

2019-01-15

第22回日本精神保健・予防学会学術集会が開催されました。

第22回日本精神保健・予防学会学術集会が東京で開催されました。

シンポジウム『発達障害に対する早期介入と支援』で山下裕史朗主任教授が

『ADHD児童と保護者へのサマートリートメントプログラム』のタイトルで発表してきました。

READ MORE

2019-01-11

久留米シティプラザで市民公開講座で講演を行いました。

久留米シティープラザ大会議室で行われた市民公開講座が開かれました。

心臓と血管の話と題して、当科の須田憲治教授、心臓血管外科の田中教授、心臓血管内科の福本教授が講演しました。

須田憲治教授は、『増えるこどもの心臓病:川崎病』と題してお話ししました。

高齢の聴衆が多かったですが、今でも川崎病は「公害」だと思われている方がおられるようで、

勉強になったと感想を頂きました。また、先着30名で救命救急講習会も開催されました。

 

READ MORE

2019-01-08

国際ミトコンドリア学会のシンポジウムで、最優秀論文賞を頂きました。

国際ミトコンドリア学会が釜山で開催されました。

古賀靖敏教授が、シンポジウムで最優秀論文賞を受賞しました

ミトコンドリア病の治療への貢献で頂きました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔10月4日(金)〕★配信あり
    演題:「ワクチン導入で変化する小児侵襲性細菌感染症」
    演者:石和田 稔彦先生 千葉大学真菌医学研究センター感染症制御分野 准教授
    キーワード:肺炎球菌、インフルエンザ菌、侵襲性感染症
    (進行:後藤 憲志)
  • 〔10月8日(火)〕★配信あり
    第506回日本小児科学会福岡地方会 予演会
    ① 演題:コクサッキーウイルスB4による血球貪食症候群を発症し予後の異なった
    一絨毛膜二羊膜双胎例 
    演者:山川 祐輝
    ② 演題:治療経過中に門脈ガス血症を来した摂食障害の2例 
    演者:石井 隆大
    (進行:弓削 康太郎/高瀬 隆太)
  • 〔10月11日(金)〕★配信あり
    演題:「ゲノム科学を臨床に活かしていただくために:基礎研究者が「検査」をはじめて悩んでいること」
    演者:小原 収先生(公財)かずさDNA研究所 ゲノム事業推進部 部長・副所長
    キーワード:クリニカルシーケンシング、臨床オミックス研究、検体検査
    (進行:西小森 隆太)
  • 〔10月18日(金)〕★配信あり
    演題:「Health after Childhood Cancer: Lessons from Pediatric Cancer Cohorts」
    演者:Melissa Hudson先生 St. Jude Children’s Hospital
    キーワード:childhood cancer, late effects, multimorbidity
    (進行:大園 秀一)
  • 〔10月25日(金)〕休み
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
  • 久留米大学小児科学教室主催
    第13回ブラッシュアップセミナーのご案内
    ※詳しくは『ママ小児科医』→『支援制度』→『ブラッシュアップセミナー』案内をご覧ください。

    日時:令和元年10月5日(土)
    令和元年10月 6日(日)
    令和元年11月7日(木)
    令和元年11月15日(金) 全4回
    会場:ホテル・マリターレ創世
    指導:久留米市小児プライマリ・ケア医(臨床指導経験医)
    久留米大学小児科 指導教官(各専門分野上級医)
    形式:症例によるビジュアル・レクチャー、専門医による最新情報の紹介
    参加者の経験事例紹介、ディスカッション
    参加資格:初期研修医/後期研修医/小児科医、他大学小児科の先生も歓迎します。
    参加費:1回につき3,000円(昼食代を含む、半日の場合は2,000円)
    託児:保育料は無料ですが、保険料として、1人1日100円徴収します。
    保育士がお世話します。
    当日事前に細かい打ち合わせをいたします。
    申し込み・問い合わせ先:
    久留米大学小児科医局
    Tel 0942-31-7565、Fax 0942-38-1792
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.