医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2021-04-23

チルドレンズ アート

今日は、チルドレンズアートの掲載についてご案内です。

ただいま、久留米大学病院3階の渡り廊下に4月27日まで掲載されています。

応募された子どもたちによる絵画に投票していただき、来年のカレンダーに採用される予定です。

しっかりと感染対策された上、機会があればご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

READ MORE

2021-04-20

2021年 第124回日本小児科学会学術集会 盛会

4月16日から第124回日本小児科学会 学術集会が盛会に開催されました。

久留米大学は主に以下の演者、座長としての参加をされています。

さらに、学生さんのResearch  Mind Cultivation Program(ERMCP)から1例発表をしていただきました。

今後も久留米大学小児科では積極的に学生教育、学会参加を推進して参ります。

 

主な学会出席:Web参加ハイブリット)

  特別追悼企画 「恩師 川崎冨作:その足跡と追及」 加藤裕久先生(演者)

  教育セミナー ムコ多糖症のこどもに明るい未来を  渡邊順子准教授(演者)

  教育講演   こどもたちのための遺伝医療     山下裕史朗主任教授(座長)

  総合シンポジウム みんなで取り組もう!思春期を含むこどもの心の問題 思春期の子どもと小児科医 永光信一郎先生(演者)

  特別企画 ゲノム解析による予防医学 スマートフォンアプリ/思春期健診による思春期ヘルスプロモーション 永光信一郎先生(演者)

 

口演

 発熱性好中球減少症に対する抗菌薬治療の検討 田中悠平先生 (演者)

 本邦における先天性胆汁さん代謝異常症の長期予後 水落建輝先生 (演者)

 小児炎症性腸疾患におけるチオプリン製剤の用量非依存性副作用の臨床像 大津生利衣先生(演者)

 ジアミノジフェニルスルホンが消化器症状に奏功した難治性IgA血管炎の小児2例 安田亮輔先生(演者)

 胆道閉鎖症における血清MMP-7の有効性:全国他施設研究 坂口廣高先生 (演者)

ポスター 

 免疫・膠原病:自己炎症 その他 セッション 西小森隆太教授(座長) 

 脊椎圧迫骨折で発症した小児急性リンパ球性白血病の一例〜白血病治療と骨密度の推移〜 満尾美穂先生(演者)

 アトピー性皮膚炎にγーヘモリジン産生MSSA菌血症を合併した一例 多々良一彰先生 (演者)

 非典型的な斜頚で発見された脳腫瘍の2例 大石早織先生(演者)

 3度のガンを発症したLi-Fraumaeni症候群の1例 中川慎一郎先生(演者)

学生発表

 小児血液・腫瘍患者における処置時の鎮静の安全性 医学部 篠崎由稀さん (演者)

READ MORE

2021-04-16

新生児Gの論文アクセプト

2021年3月に新生児グループの七種 護先生がActa Paediatorica (IF2.111)に投稿された論文が掲載されてました。

タイトルは「Revisions of clinical protocols using the Plan Do Check Act cycle improved outcomes of extremely preterm infants at 2 years」です

2006年から2015年までの10年間の後ろ向き研究で、在胎28週未満の超早産児管理におけるプロトコール改変と2歳時の予後を検討したものです。

PDCAサイクルを用いることで複雑になりがちな新生児の診療プロトコールを見直すことが早産児の転機を改善するかを調べた論文で、早産児の予後(有害事象発生率)を改善することができたと報告しています。

ご興味のある方は、ぜひ検索 アクセスしてください。

READ MORE

2021-04-02

WARM BLUE KURUME

4月2日から9日の1週間は自閉症啓発カラーであるブルーに久留米市庁舎をライトアップします。

4月2日当日はブルーの花火もあげます。そんな暖かなブルーを見つけて「あの子どうしてるかな?」と、ちょっと気にかける1週間にしてみませんか?

私たち久留米の絆はきっと強い!そんな1週間になればいいなと思います。4月2日はWarm Blue KURUME!あたたかな青い灯を届けます。

 

 

READ MORE

2021-03-22

論文掲載情報

水落建輝講師が責任著者の原著論文「A Japanese prospective multicenter study of urinary oxysterols in biliary atresia」が、Sci Rep (IF=3.998)に掲載されました。
小児肝移植の世界最多適応疾患である胆道閉鎖症の診断に、コレステロール代謝物である尿中オキシステロールが利用できないか検討した初めての報告です。

READ MORE

2021-02-28

第17回日本小児消化管感染症研究会

当科の水落建輝講師が、第17回日本小児消化管感染症研究会を当番世話人で主催しました。
久留米シティプラザにリモート本部を置き、Zoomを用いた口演発表のウェブLIVE配信とチャットによる質疑応答といった、完全ウェブ形式で行いました。
新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、完全ウェブ開催となりましたが、一般演題が23題、特別講演が3題と例年以上の演題数で、参加者も約150名と過去最高の参加人数となり、盛況のうちに終えることができました。

READ MORE

2021-01-27

チルドレンズ アート PART1

2021年の幕開けからあっという間に1ヶ月が経とうとしています。
昨年末から2ヶ月 久留米大学小児科の情報提供が滞っておりました。

さて、今回はチルドレンズアートについての紹介です。

久留米大学では、当院での入院加療、外来での診療を受けている患者さん(2〜14歳)から所定の用紙にイラスト描いていただき、募集しております。応募いただいた作品は院内の投票を受けて、来年2022年のカレンダーとして久留米大学エンタープライズから販売されます。

募集は3月末までとのことです。

今年はどのような作品が応募されるでしょうか? 

乞うご期待です。

 

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 3月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場・日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • [3月5日(金)]★配信あり
    演題:「脊髄性筋萎縮症の早期診断と治療の進歩」
    演者:斎藤 加代子先生 東京女子医科大学遺伝子医療センターゲノム診療科
    キーワード:脊髄性筋萎縮症(SMA)、核酸医薬品、遺伝子治療
    (進行:弓削 康太郎)
  • [3月12日(金)]18時30分~★配信あり
    演題:「ライフワークとしてのミトコンドリア病の病態・治療研究」
    演者:古賀 靖敏先生
    キーワード:出会い、基礎医学研究、独創性、トランスレーショナルリサーチ、社会貢献
    (進行:山下 裕史朗)
  • [3月19日(金)]★配信あり
    演題:「~妊娠期からの児童虐待防止対策~母と子の人生を守る支援を」
    演者:鮫島 浩二先生 さめじまボンディングクリニック院長
    キーワード:特定妊婦支援、児童虐待防止、特別養子縁組
    (進行:永光 信一郎)
  • [3月22日(月)]18時30分~★配信あり
    演題:「さよならレクチャー ―構想はチャンスがくれば政策になる―」
    演者:永光 信一郎先生
    キーワード:なし
    (進行:山下 裕史朗)
  • [3月26日(金)]★配信あり
    演題:「小児の終末期・脳死をめぐる話題」
    演者:清水 直樹先生 聖マリアンナ医科大学小児科教授
    キーワード:脳死下臓器提供、ドナー管理、リエゾン精神科
    (進行:長井 孝二郎)
  • Grand Rounds オンライン配信
    COVID-19流行によりカンファランス室でのGR開催は現在中止し、2020年6月よりGrand RoundsのZoomを利用したオンライン配信を始めています。各個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    ※参加を予定される先生は医局までご連絡下さい。

    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.