医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  第26回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会

NEWS 新着情報

2015-02-20

第26回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会

 

1月22〜24日、大阪市で第26回日本Pediatrics Interventional Cardiology学会学術集会が開催されました。

 

座長

須田憲治准教授:海外レクチャー、シンポジウム

工藤嘉公助教:ポスターセッション・New Device

 

シンポジウム:ステント入れる?入れない?

工藤嘉公助教

「誤拡張したステントをスネアで畳んで予定の部位に留置できた SVC 症候群の 1 例」

 

パネルディスカッション

工藤嘉公助教

「動脈管依存性の重症肺動脈狭窄への動脈管ステント留置術を行った 2 例」

 

口演

須田憲治准教授

「Amplatzer Duct Occluder の脱落要因に関するサイズ選択と留置形態の考察」

工藤嘉公助教

「心腔内エコーによって成人体格の動脈管デバイス閉鎖術はより正確に施行できる」

岸本慎太郎助教

「スネアを用いてダンベル型に成形した stent で fenestration 作成、難治性蛋白漏出性胃腸症の改善を見た extracardiac TCPC 術後の 1 例」

寺町陽三先生(聖マリア病院)

「当院で術後早期にカテーテル治療が有効であった症例について例」

吉本裕良助教

「心腔内エコー (ICE))をガイドに行った上大静脈症候群に対するステント留置術の 1 例」

鍵山慶之助教

「急な心房間交通狭窄に対してステント留置拡大にて救命できた僧帽弁閉鎖の 2 ヶ月男児」

 

ポスター

前田靖人助教

「治療抵抗性の大動脈縮窄症の 3 歳男児に頚動脈アクセスからステント留置を行った 1 例」

 

先天性心疾患に対するカテーテル治療の学会であるJapan Pediatric Interventional Cardiology学会、口演8演題、ポスター1演題を発表しました。

READ MORE

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.