医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  第16回日本小児IBD研究会

NEWS 新着情報

2016-04-29

第16回日本小児IBD研究会

 

2月7日、東京で第16回日本小児IBD研究会が開催されました。

 

座長

栁忠宏先生(飯塚病院):セッションⅡ クローン病

 

口演

水落建輝助教

「当院における早期発症炎症性腸疾患の臨床像と遺伝学的背景」

髙木祐吾助教

「サイトメガロウイルス感染を合併した難治性潰瘍性大腸炎の1小児例」

 

IBDとは、Inflammatory Bowel Diseaseの略で、潰瘍性大腸炎とクローン病の2つに分けられる炎症性腸疾患のことです。欧米に多い疾患と言われていましたが、ここ20年で日本では急速に患者数が増加し、現在は22万人、患者総数ではアメリカに次いで世界で2番目にIBDが多い国になりました。久留米大学小児科消化器グループは、九州・中国・四国地方の中で、最も多くの小児(15歳以下)IBD診療経験があります。その臨床経験を踏まえて、難治例の症例報告、最近トピックの早期発症IBDのまとめ、以上の2演題を発表しました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 2月小児科Grand Rounds
  • 2月3日(金)★配信あり
    演題:「NICUでのMRIと発達予後予測(早産児と新生児脳症)」
    演者:神奈川県立こども医療センター 新生児科医長 柴崎 淳 先生
    キーワード:MRI、MRS、発達予後
    (進行:木下 正啓)
  • 2月10日(金)
    休会
  • 2月17日(金)★配信あり
    演題:「吸入療法の世界ー小児集中治療医学座談ー」
    演者:聖マリアンナ医科大学小児科学教室 特任教授 川口 敦 先生
    キーワード:小児集中管理、吸入療法、海外医療
    (進行:寺町 陽三)
  • 2月24日(金)★配信あり
    演題:「がん治療と妊孕性温存」
    演者:久留米大学産科婦人科学教室 主任教授 牛嶋 公生 先生
    キーワード:AYA世代、がん化学療法、卵巣機能
    (進行:山下 裕史朗)
  • Grand Rounds オンライン配信
    現在はカンファランス室でのGR開催に加え、Zoomによるオンライン配信を行っています。個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、参加の招待メールを返信させていただきます。
    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにお願いしております。参加の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控えください。
    また参加される場合は名前の入力講演前後のビデオ・オンをお願いいたします。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.